【施設紹介】JR津軽線 三厩駅(青森県外ヶ浜町)―北海道に臨む本州最果ての駅

まさに、最果ての風情を醸し出していました。

今回は青森県外ヶ浜町にある、JR三厩駅をめぐります。所属路線はJR津軽線。

同駅は津軽線の終着駅にあたり、かつ津軽半島の先端部に位置しています。といっても、最先端の竜飛岬からは10キロほど離れていますが、それでも最果てを感じるには十分な場所でした。

IMG_1247.jpg
▲シンプルな三厩駅駅舎

駅は山のふもとに立地しており、駅と海の間には集落が広がっていました。低層建築が目立ち、駅舎も天井の低い平屋になっています。

IMG_1249.jpg
▲駅前通りと外ヶ浜町コミュニティバス

駅前広場に立つと、ちょうど外ヶ浜町のコミュニティバスが通過しました。ここでふと、蟹田駅も外ヶ浜町にあることを思い出しました。

もしやと思い地図を見ると、この町は今別町を挟むように二分されていました。旧三厩村の地区だけ飛び地になっているのです。平成の大合併を受けて、このように「飛び地を含む自治体」がいくつか誕生しました。

IMG_1248.jpg
▲津軽半島最北端の駅 三厩

ここからは駅舎内に入っていきます。津軽海峡最北端の駅を示す看板が、駅舎入口に掲げられていました。すぐ対岸は北海道です。

IMG_1246.jpg
▲駅舎内はひっそりと静まり返っていた

いかにも北国らしく、入口は二重になっています。CTC化による合理化を受けて、2019年に無人化されました。つい最近まで有人、しかも直営駅だったことにビックリです。

IMG_1245.jpg
▲無人化された窓口

無人化されて間もないため、窓口付近はそれほど荒れておらず、今にも駅長がやって来そうな雰囲気を感じました。管理が行き届いているのか、清潔さが保たれています。

IMG_1243.jpg
▲ホームから三厩駅本屋を眺めて

IMG_1259.jpg
▲乗務員休憩所

駅舎横には乗務員の休憩施設があります。折り返し時間が長いため、運転士はいったん列車を離れ、ここで休息をとります。

IMG_1258.jpg
▲三厩駅駅名標

IMG_1242.jpg
▲線路終端部を眺めて

ホームは島式の1面2線でしたが、CTC化にともない片方が使用停止されて、1面1線に縮小されました。機回し用の線路も撤去され、どこか寂しい雰囲気が漂っています。

IMG_1260.jpg
▲三厩駅に停車中のキハ48形

撮影日:2020年8月4日
関連記事
鉄道

Comment

libertyrail

こんばんは。

学生時代に一度この駅降りました。
当時フィルムカメラでこの駅の風景を撮ったのは記憶しており
路線終端部に木造の小屋のようなものがありましたが
無くなってますね。

津軽半島の最果て感と共にホーム棒線化や
直営駅を辞め駅員無配置化と残念なことばかりですが
竜飛岬や青函トンネル記念館へ向かうバスが停まる駅で
旅情を誘うとはこのことでしょう。

2020年11月22日(日)19:12
wra

wra

libertyrailさんへ

いつもコメントありがとうございます。

この荒涼とした雰囲気、実際に行かなければ実感できないと思いました。
九州から気が遠くなるほどの時間を費やしましたが、行く価値はありましたよ。

本来ならば、北海道新幹線の開業前に行くべきだったのでしょうが。
快速海峡に乗って、函館に行ってみたかった・・・。

2020年12月20日(日)23:04