【施設紹介】高松琴平電鉄琴平線 栗林公園駅(香川県高松市)―まっすぐ歩けば一大名所!

今回は香川県高松市内にある、栗林公園駅をめぐります。所属路線は高松琴平電鉄琴平線、駅番号はK03。

琴平線は短距離ながら、複線区間が存在します。高松築港から伸びてきた複線区間は、ここ栗林公園駅で終わっていました。この駅を境に琴平方面は単線でしたが、2020年11月に三条~太田駅間が複線化されたことで、複線区間の総延長に変化が生じています。

IMG_2478.jpg
▲栗林公園駅

地方私鉄によくある、踏切横に据え置かれたスタイルの駅です。三角形の屋根が目印ですよ!

駅名が示すように、この駅は高松屈指の観光名所「栗林公園」の玄関口です。駅前の道路から西にまっすぐ進むと、公園に入る門が見えてきます。ただし最寄り駅というわけではなく、距離の短さに焦点を当てると、JR栗林公園北口駅に軍配があがります。

IMG_2479.jpg
▲駅舎内にはコインロッカーもある

観光客も多く利用するのか、駅にはコインロッカーも設置されています。これなら大きな荷物を持っていても、気にすることなく散策ができます。

IMG_2480.jpg
▲ホームは相対式

IMG_2482.jpg
▲栗林公園駅に到着する1100系(京王5000系)

琴平方面は単線になっていますが、複線化用地はすでに確保されています。一駅先の太田から三条まで複線化されましたし、今後路線がどうなるか気になるばかりです。

撮影日:2020年8月24日
関連記事
鉄道

Comment