【施設紹介】JR/南海 関西空港駅(大阪府田尻町)―閑散とした異常事態に触れる

今回は大阪府南部・田尻町にある、関西空港駅をめぐります。所属路線はJR関西空港線・南海空港線、駅番号はJR-S47(JR側)・NK32(南海側)。

その名の通り、近畿地方空の玄関口「関西国際空港」への最寄り駅です。空港へのアクセス列車として、JR西日本は関空快速・特急「はるか」を、南海電鉄は空港急行・「ラピート」をそれぞれ走らせています。

IMG_2748.jpg
▲関西空港駅入口(ターミナルから眺めて)

国内線が発着する第1ターミナルに隣接するように設置されています。改札を抜けたら、徒歩1分でもうターミナルですから、不便なわけがありません。

IMG_2747.jpg
▲関西空港駅から「AEROPLAZA」を眺めて(右はJR改札口)

IMG_2746.jpg
▲関西空港駅券売機

行先に応じて、JRと南海を使い分けると良いでしょう。大阪中心部なら南海、梅田・京都方面ならJRといった感じで・・・。

IMG_2745.jpg
▲関西空港駅改札口(南海側)

JR側の改札口は水色で、南海側の改札口は赤で色分けされています。

IMG_2744.jpg
▲281系「はるか」模型

JR改札口を抜けると、そこにあったのは281系「はるか」の大きな模型でした。

281系が登場してからすでに四半世紀が過ぎ、世代交代の足音が近づきつつあります。新車271系が登場しましたし、もしかすると、今後次第では271系に置き換えられるかもしれません。「なにわ筋線」の計画次第では、別形式が登場する可能性もあります。

IMG_2751.jpg
▲JR関西空港駅駅名標

IMG_2752.jpg
▲関西空港駅ホーム(JR側から南海側を眺めて)

発着線はJR・南海ともに、それぞれ1面2線の島式ホームとなっています。南海側には1・2番のりばが、JR側には3・4番のりばが割り振られていました。

撮影日:2020年8月26日
関連記事
鉄道

Comment