【旅行記】フェリーげんかいで行く対馬2泊4日の旅 4日目(1)―快晴の厳原で登山に挑戦!

天気予報の通り、4日目は見事なまでの晴れでした。これで天気を気にすることなく、思う存分に厳原を散策できます。

7時半に起床して、まずは朝食で英気を養います。東横インといえばビュッフェ式の朝食ですが、総菜類が弁当のようにパック詰めされていました。1つだけだと足りないので、いくつか手に取り、しっかり食べておきます。

IMG_3704.jpg
チェックアウトまで時間がありますし、まずは対州海運のRORO船「フェリーたいしゅう」の出港シーンを撮るべく、軽装で厳原港に向かいます。

IMG_3705.jpg
これまでと違って、さわやかな青空が目に飛び込んできて眩しい!旅に出るならこういう日が良いものです。

IMG_3706.jpg
ふれあい処つしまを過ぎて、港を一望できる場所まで行きます。

IMG_3710.jpg
厳原と久田を結ぶ橋に着いたところで、足を止めます。これから出港する「フェリーたいしゅう」が、出港に備えて最終調整に入っているところでした。

IMG_3714.jpg
定刻通り、「フェリーたいしゅう」は厳原港を出港。その様子を写真にしっかりと収め、厳原の街に戻ります。今回は往復ともに九州郵船でしたが、いずれ対州海運や壱岐・対馬フェリーにも乗船したいところです。

IMG_3715.jpg
▲厳原港を一望して

IMG_3722.jpg
その後、ホテルに戻って荷造りを済ませ、9時50分にチェックアウトしました。さすがは天下の東横イン、終始ゆったり寛ぐことができました。朝食に関しても全然文句ナシです。

IMG_3723.jpg
天気が良いですし、これから清水山城にでも行ってみようと思います。なんでも三の丸からの眺めが良いとのこと。登らないわけがないじゃないですか。

IMG_3738.jpg
まずは鳥居をくぐり、急な階段を上っていきます。

IMG_3739.jpg
▲清水山城へと続く道を登る

IMG_3740.jpg
やがて眼下に厳原港が見えてきました。階段はやがて登山道へと変わり、住宅地は途切れ、鬱蒼とした森の中に突入します。

IMG_3745.jpg
不覚にも遠回りしてしまいましたが、20分ほどで三の丸跡に到着。一帯には崩れかけた石垣が残っています。

IMG_3752.jpg
三の丸の先端部にたどり着くと、そこにあったのは素晴らしい眺めでした。厳原の入り江が満遍なく見渡せ、遠くには玄界灘の水平線が見えます。ここまで険しい道のりでしたが、苦労しても行く価値はありました。

IMG_3767.jpg
登山を終えて正規のルートで下ると、あっという間に下界です。建設中の対馬博物館を横目に、次なる目的地を目指します。フェリーの出港時間まで余裕がありますから、急ぐ必要はありません。

さあ行きましょう!
~つづく~

撮影日:2020年11月23日
関連記事
フェリー神社

Comment