【旅行記】青春18きっぷで行く東北旅2020→2021 5日目(1)―閑散とした仙台・青葉城に行く

2021年1月1日、僕は仙台にいました。こうして旅先で新年を迎えるのは人生初です。カプセルホテルで一晩を過ごし、7時半に起床しました。

あまり初夢を意識したことはありませんが、今年は不思議な初夢を見ました。福岡ドームか京セラドームのスタンドにいて、目線の先にはなぜか大阪近鉄の鈴木貴久(故人)がいます。なぜ貴久さんが打席に立っているのでしょうか?ボールをバットに当てると、その球はスタンドに消えていきました。

野球を観戦する夢はよく見ますが、こうやって鮮明に覚えていることは稀です。



地上区間を走るリニア地下鉄東西線


IMG_4182.jpg
▲元旦のハピナ名掛丁

8時にチェックアウトを済ませ、再び寒い空間に出ていきます。これから地下鉄東西線で国際センターに向かい、ついで青葉城を目指します。予想以上にすごい積雪ですが、無事にたどり着けるのでしょうか?

IMG_4183.jpg
東西線は近年開業したリニア地下鉄で、深い谷を越える関係で、地上に出る区間が2か所あります。国際センター駅はそのうち1か所に隣接しているとのこと。ついでに東西線の4K動画も収録したいところです。

IMG_4184.jpg
▲icscaのスズメさんと仙台駅ホーム

七十七銀行マスコットシチシカくんを描いてみた
▲七十七銀行マスコット「シチシカくん」が妙に気になるので書いてみた

IMG_4186.jpg
仙台からしばらく進むと、やがて地上区間に顔を出します。その距離は決して長くありませんが、リニア地下鉄では珍しい地上区間ということで、前面展望にしばし釘付けになりました。再びトンネルに入ると、すぐに国際センター駅に到着です。

IMG_4190.jpg
改札を抜けて外に出ると、駅前にモニュメントが置かれていました。フィギュアスケートの金メダリスト、荒川静香・羽生結弦両選手の功績をたたえ、建立されたものです。

それから東西線の電車を撮るため、駅横の展望スペースに移動します。予想通り、谷を渡る電車を一望することができました。この日は朝から雪が激しく、昨日よりも積雪が増えていました。もしこれが米沢だったら、どれだけの雪地獄が待っていたことでしょうか。

IMG_4197.jpg
国際センター駅から徒歩で青葉城を目指し、雪だらけの坂道を歩きます。さいわい歩行者が少ないせいか、雪が踏み固められておらず、歩きやすいです。しばらく進むと、門跡が見えてきました。そろそろ青葉城です。

これが自粛扇動の結果・・・閑散とした青葉城に行く


やがて鳥居が見えてきました。青葉城址に鎮座する宮城縣護國神社の鳥居です。目の前に立ちはだかる北壁石垣は雪に覆われ、神々しさと迫力を兼ね備えています。少し苦労しましたが、ここまで来た甲斐があったというものです。

IMG_4202.jpg
鳥居をくぐって中に入ると、ガイドブックで見たことのある風景が広がっていました。初代仙台藩主・伊達政宗の騎馬像はもちろんのこと、大きな土産物店も併設されています。本来ならば初詣で賑わう護国神社は、閑散として人気がなく、関係者はどこか物足りなそうにしていました。

IMG_4210.jpg
▲笹かまぼこの顔出しパネル

何か仙台らしいものが欲しいと思い、城内の施設「青葉城本丸会館」に行ってみます。建物に近づくと、ガスストーブが熱風を吹き出していました。その風が暖かく、その前につい長居したくなるほどの心地よさです。

やがて、建物の奥から味噌のいい香りがしてきました。つられて中に入ると、芋煮が売られていました。そういえば、まだ朝ご飯を食べていません。朝食代わりに食べておこうと、さっそく購入。味噌ベースの汁に、ゴロゴロとした里芋や長ねぎが入っている、具だくさんの和風スープです。

IMG_4211.jpg
少し腹が満たされたところで、土産物店に入ります。中には仙台の定番土産が並んでおり、観光客なら十分に満足できるところではないでしょうか。

奥まで進むと、ずんだ餅ならぬ「ずんだ団子」がありました。芋煮だけでは物足りないので、2串分買って味わっておきます。さすがに一人でおせちを食べるわけにはいきませんが、ご当地グルメを味わうことで、ささやかな新年祝いにしたいと思います。

定番土産が揃っているだけでなく、宮城県公式マスコット「むすび丸」や、青葉城資料展示館マスコット「まめぶしょーとなかまたち」のグッズも揃っていて、ご当地キャラ好きも十分に満足できるような場所でした。

仙台市地下鉄南北線を撮る


IMG_4212.jpg
買い物を終えて青葉城を出ると、ちょうど観光バス「るーぷる」が出発するところでした。徒歩で駅に戻るのはキツイですし、バスに乗って国際センター駅に向かいます。東北大学のキャンパスをぐるっと回り、駅から少し離れた場所でバスを降りました。

国際センター駅を目指して歩き出すと、ここで面白いものを見つけました。目に入ったのは東北大学のサークル部室。ボディビル部の窓にこう書かれています。

チキン食え ケーキは食うな クリスマッスル(うろ覚え)

まあ確かにそうですな。チキンのタンパク質は筋肉に優しいですから・・・。でもそれをサラ~っと書いてしまうあたり、ボディビルに強いこだわりを感じますし、同時に笑いも取れて一石二鳥じゃないでしょうか。ちなみにこのボディビル部、季節ごとにマッチョ川柳を掲示しているようです。

(例)
芋煮してえ ああ芋煮してえ 芋煮してえ(2020年秋)
梅雨空に 水も滴る 良いマッチョ(2019年夏)


マッチョ川柳に身も心も温まったところで、国際センター駅に戻ってきました。東西線で仙台駅に戻ります。これから常磐線で南下したいところですが、あいにく原ノ町行きが3分前に発車してしまいました。次に来るのは1時間後ということで、暇つぶしに南北線にも乗っておくことに。

IMG_4219.jpg
▲仙台市地下鉄南北線1000N系車内

いったん泉中央まで行ってから、駅外観を撮影後、列車を撮るため八乙女に移動します。南北線には地上区間がいくつもあるため、複数のアングルから電車を撮ることが可能です。あいにく年末ダイヤということで、通常よりも本数が少なく、八乙女で若干待つハメになりました。

IMG_4220.jpg
▲八乙女駅ですれ違う南北線1000N系

IMG_4221.jpg
▲八乙女駅ホーム

IMG_4223.jpg
▲八乙女駅の駅番号はN02

IMG_4224.jpg
▲「中嘉屋食堂 麺飯甜」のスーラータンメン

仙台駅に戻ると、ちょうどお昼時を迎えていました。2019年末に行ったことのある「中嘉屋食堂 麺飯甜」でランチしたいと思います。前回は麻婆豆腐定食をいただきました。今回は大好物のスーラータンメンを注文することに。

注文して待つこと10分。やってきたのは、豆腐入りのあんかけ麺でした。スーラー麺と麻婆豆腐が融合したような見た目ですが、味は辛味・酸味よりも旨味が強く、辛いのが苦手な人でも美味しくいただけます。

IMG_4225.jpg
▲2021年1月4日で閉店した輸入食品店「ジュピター仙台店」

IMG_4226.jpg
▲E721系がよかったのに・・・

腹ごしらえを終えたところで、ようやく移動開始です。青春18きっぷの4回目にスタンプを押してもらい、原ノ町行きが待つホームに向かうと、そこに止まっていたのは701系でした。

行きと同じく、またハズレくじを引いてしまいました。コンビニでブラックコーヒーを買い、ロングシートに腰掛け、出発までの時間を過ごします。

これから常磐線を南下して、東北地方を後にします。順調に行けば、横浜には夜9時ごろに到着するはず。これからどんな光景が待っているでしょうか。旅はまだまだ続きます。

~つづく~
撮影日:2021年1月1日

あとがき


寒波の次は春の暖かさが来るんですって。ほんの数日だけでもいいから、寒さから解放されたいもんです。でも春になったら花粉が飛ぶんだよね。

どっちを取っても地獄じゃないですか。ウワーン!
関連記事
鉄道ゆるキャラ神社グルメ

Comment