厳原港を一望できるビュースポット!清水山城三ノ丸に登る(長崎県対馬市)

対馬の中心地・厳原には、多くの史跡が残っています。今回はその中から、井須原港を一望できるビュースポットで知られる、清水山城三ノ丸に登ってみました。

「登る」というからには、もちろん険しい山道を歩かねばなりません。はたして、無事にゴールまでたどり着けるでしょうか?

史跡 清水山城跡
国指定 昭和五九年一二月六日

清水山城跡は、有明山(五五八.二m)から延びた東の支脈先端にあたる清水山の尾根上に立地する。一六世紀末の文禄・慶長の役に際して築かれた城である。

天正期、豊臣秀吉から朝鮮半島の釜山に兵を送るために、本営とした肥前名護屋城から海を渡った後の中継地として、壱岐の勝本城とともに築いたと考えられる。イエズス会宣教師のルイス・フロイスは著書『日本史』で、これに関し、秀吉は壱岐と対馬に「屋敷と宿舎、食料用貯蔵庫」の建築を命じたと記している。しかし、その構造を見る限り、いわゆる御座所の機能は清水山城ではなく金石城に担わされていた可能性がある。秀吉の築城指令を記す史料は確認されていないが、例えば文化六(一八〇九)年に編纂された『対馬紀事』では、秀吉の命により毛利高政が築城したと書かれている。なお、築城者については、近代に出された、対馬領主の宗義智が主力になり、相良長毎、高橋直次、筑紫廣門らが加勢したとする説が有力である。

城は一ノ丸、二ノ丸、三ノ丸と呼ばれる三つの曲輪からなり、延長は約五〇〇mである。標高二〇八mの山頂部から南東の標高九五までの高低差のある地形に位置する。各曲輪は尾根筋の平坦部に石垣を築いて造られており、尾根沿いの石塁でつながっている。

尾根は岩盤が露出した狭隘な地形のため、曲輪をつなぐ石塁も一〇m程の狭い幅で囲われた回廊状になっている。

朝鮮半島に築かれた倭城には、退路の確保などを目的として設けられた港湾から城までを囲う竪石垣と呼ばれる構造があるが、清水山城跡の石塁も曲輪をつなぎ、囲うことで、城内部の防御機能を意識したのであろう。

対馬市教育委員会


IMG_3741.jpg
厳原市街地から歩き続けること数分、「清水山城跡」と書かれた看板が見えてきました。場所はちょうど金石城跡の北側です。

すでに険しい坂を上り詰め、そこそこ高い場所まで来ていますが、これはほんの序の口。これから本格的な登山道が待っています。

IMG_3744.jpg
序盤は登山道というよりも、むしろまあまあ整備された階段道です。やがて住宅地は途切れ、ススキが美しい原っぱに出てきました。

未舗装の里道を越えて、ここから険しい登山道に入ります。地面の凹凸が増えて、ときおり足元が不安定な場所を通ります。くれぐれも足を取られて、転ばないように注意しましょう。

IMG_3746.jpg
しばらく進むと、右手に大きな岩が多いことに気づきました。これも城の一部、すなわち石垣なのでしょうか?このあたりに竪堀があると聞いています。

IMG_3747.jpg
しばらく進むと、二ノ丸に続く登山道との分岐点にぶつかりました。左に行けば二ノ丸へ、右に行けば三ノ丸に至ります。今回はもちろん、ここで右折しますよ。

IMG_3749.jpg
ここから三ノ丸まで尾根伝いの道が続きます。やがて、立派な石垣が見えてきました。

よくみると、足元のいたるところに、ゴツゴツとした石が転がっていますよ。そういえば、登山道の説明板に「岩盤が露出した狭隘な地形」だと書かれていましたっけ。

IMG_3750.jpg
そしてついに見えてきました!三ノ丸の先端部です。対馬の中心市街地や厳原港が、目の前に広がっています。すばらしいパノラマに息をのむばかりです。

清水山城跡 三ノ丸

清水山城跡の東端に位置する。標高九五~一〇五mの尾根の両肩部に石垣を築き、尾根に沿って細長い形状の曲輪を構成する。東西約八〇m、南北約三〇mである。

曲輪の石垣は直線で構成され曲面は見られないが、長辺が一〇~二〇m間隔で緩やかに折れて繋がっているため、一見すると長楕円形を呈する。

北辺はやや不明瞭だが南辺は比較的良好に遺存する。隅角部は算木積みの様相を呈し、築石部は扁平な割石を多く用いて、一部だけに横の目地が通る布積みと大小の石を多方向に積んだ乱積と呼ばれる積み方で構成され、他の石材よりも数倍大きな石を随所に配置する鏡積み様の技法も見られる。

東部南側に虎口が開き、石段が残る。曲輪の塁線上には六箇所の横矢桝形がある。三ノ丸の南端から下には、尾根の稜線沿いに等高線に直交して竪堀がある。


IMG_3754.jpg
石垣の状態は場所によりけりです。北側はかなり崩れていますが、南側は石積みがよく残っています。

地形が地形だけに、石も多くて地面はデコボコしていました。登山道と同じように、ここでも転ばないように注意しましょう。

IMG_3755.jpg
こうして三ノ丸散策を終え、麓に下っていきます。

ここで、往路に通った道とは違う、三ノ丸への近道があることに気づきました。なんと、かなり遠回りしていたじゃ~ありませんか!対馬の歴史をまた一つ知ったところで、かつての清水山城を後にしました。

撮影日:2020年11月23日

あとがき

ここ最近の気分をコツメくん(仮)に代弁してもらいます。
地味にこのマスコット、初仕事じゃね?まあそれは置いといて・・・

samuidesune.png

ええ、寒すぎます。

これがずっと続いているならともかく、いったん暖かくなってからこれですよ。足元が凍り付くような寒さで、暖房を焚いても追いつきません。まるで年末年始じゃないですか。これだから自然は侮れんのよ・・・。

そこで、ちょっとばかり現実から離れて、年始のケガを癒してこようと思います。具体的にはまだお話しできませんが、詳しいことは数日後にお知らせします。
関連記事

Comment