【旅行記】サンライズ出雲&18きっぷの旅2021春 1日目―意外と眠れるサンライズソロ

「感染拡大」

この4文字が世を埋め尽くしてはや1年。マスコミや政治家は「死のウイルス到来」を叫び、ありとあらゆるイベントは中止に追い込まれ、雑踏は瞬く間にマスク一色となりました。

根本的なところは、1年経っても変わっていません。2021年1月に再度、緊急事態宣言がなされたところで、旅行・観光産業は自粛ムードと同調圧力にとどめを刺されようとしています。

この1年間、僕は有意義な時間を得ました。夏の長旅はいうまでもなく、イラストデザインの技術を得たことで、自分のコンテンツを見直すことができました。地球規模の鎖国状態さえなければ、インド旅行に出て、また違った人生を歩むことになったでしょう。

さあ問題はこれから。いつまでも「ステイホーム」「おうち時間」を繰り返しては、世の中ますます腐っていくばかりです。そういう世の中にガツンとパンチを与える気分で、春の長旅を計画しました。

行程をどうするか

今春もおなじみ青春18きっぷが販売されました。これを活用しつつ、JR線の完乗を目指すのが基本です。

まず最初に木次線の完乗を考えました。中国地方山間部の路線は、これまで僕の旅とは無縁の存在でした。完乗を意識しだしたのは、三江線の廃止が契機です。とくに1日3往復しかない区間を持つ、芸備線と木次線には早期に手を付けておかねばなりません。まずは木次線から乗ることにしました。

ついで、長大で本数の少ない紀勢本線の通過を考えました。ところが、それを考えて行程を組むと、今度は宿の問題にぶち当たりました。お手頃な価格帯が見つからないのです。それでいて、最終手段のネカフェもないのですから、行程表を書きつつ頭を抱えるわけですよ。

ここで思いつきました。どうせ高いホテルしかないのなら、サンライズ出雲に乗ってはどうだろうか、と。今や国内唯一の存在となった、大衆向け寝台特急で一泊過ごそうというプランです。出雲市から東京まで2万と高いですが、よく考えると、285系は登場から20年以上が経っていて、油断していたらいつの間にか消えていた、なんてこともあり得ます。

腹をくくりました。木次線で島根に出たら、サンライズ出雲で東京に向かいます。しかも、以前から乗りたかったB個室「ソロ」を利用して!

東京に着いたら、2日目は東京散策に、3日目は首都圏西側のJR乗り潰しに充てます。4日目はいったん東京を出て、身延線・中央本線を乗り潰してから、長野で一泊。5日目は飯山線・吾妻線に立ち寄って栃木に向かい、6日目は日光・鬼怒川温泉から動きません。以上6日目まで事前に予定を組みました。

はたして、今回の旅ではどんな発見が待っているのでしょうか。

とんだ勘違いで1000円損する

本音をいうと、早起きなんてしたくありません。木次線のわずかな本数が、眠りを求める僕をたたき起こしました。まだ夜も明けぬ4時半のことです。

IMG_4782.jpg
▲赤間駅にて

普段は東郷駅を利用する身ですが、東に行くときは赤間駅を常用しています。5時26分発の普通列車で向かうは小倉です。下関行きに乗り換えたところで、あっさりと九州を出てしまいました。

これから岩国行きで一気に進み、順調に乗り換えを重ねると、備後落合で宍道行きに接続する…はずでした。じつはここで大きなミスをしています。岩国行きだと思っていたのは、なんと徳山行きでした。うっかり間違えて、1時間前の列車をひいていました。

ちなみに5時26分発の始発で赤間を出発後、もし普通列車だけで進んだ場合、備後落合で乗車予定の宍道行きに間に合いません。もし明るい時間帯に木次線を完乗したければ、新幹線でワープする他ないのです。

IMG_4783.jpg
▲新下関駅にて

ワープ区間は通常、徳山~広島を選ぶのが主流ですが、たまには徳山~広島を在来線移動したいものです。この時点で、徳山行きは新下関ホームに入ろうとしていました。ならばと新下関~新山口で調べてみると、どうもワープできそうだと判断して、思いつきのごとく列車を降りました。

しかしよく考えたら、新下関~新山口で簡単にワープできるはずがありません。何かおかしいと思い、再度調べ直すと、またしても時間を見誤っていました。何ともばからしいですが、急な思いつきほど怖いことはありません。

結局、新下関から徳山までの切符を買うはめになりました。徳山~広島間の運賃よりも若干高く、結果損した形です。

IMG_4785.jpg
▲新下関駅にて

新幹線ホームに上がると、ほどなくして新大阪行きこだまが到着。この時間帯の新大阪行きこだまといえば…そうです、「キティさんの新幹線」です。久しぶりにハートフルな一時を過ごしました。結果オーライ!

なんとか1時間分のワープに成功した僕は、下関を5時台に出た岩国行きに乗りました。これでなんとか、当初の行程に間に合った形です。115系のクロスシートに腰掛け、山陽本線の旅を再開しました。

無理して起床したせいか、眠気が襲ってきます。意識が遠退いているうちに、列車はもう南岩国に停車していました。あと1駅でもう乗り換え駅です。普段とは違う旅になる…そんな気がしてきました。

三次でお好み焼きを食べる

広島駅から先は未知の領域です。これから芸備線・木次線を経由して、中国山地を横断する長距離移動が待っています。

芸備線ホームに停車していたのはキハ40系2両の快速「みよしライナー」。かつて芸備線を走っていた急行「みよし」のなれの果てといえる存在です。古めかしいボックスシートに身を沈め、広島駅を出発しました。

IMG_4787.jpg
▲芸備線で広島郊外を進む

しばらくの間、広島市郊外の住宅地を進んでいきます。住宅地から田園風景に変わりだした頃、何もない場所に停車しました。3分経っても動きません。運転席から無線の声が飛び交います。どうやら、この先にある場内信号が作動しないようです。

IMG_4788.jpg
▲三次駅にて

列車は数分の遅れを出して、ようやく動き出しました。いくつもの停留所を通過して、普通よりも数十分早い所要時間で、三次駅に到着。1時間の待ち時間をへて、備後落合行きに乗り換えます。

ちょうどいいや!この待ち時間をランチタイムに充てようと思います。コンビニを探して駅を出ると、ほどなくしてショッピングセンターを発見。ここで弁当を買うため、さっそく入店しました。

IMG_4789.jpg

決して広くないとはいえ、ちゃんとフードコートまであります。もちろん、広島名物・お好み焼きの店もありますよ。ここで予定を変えて、お好み焼きのランチをいただくことに。

IMG_4797.jpg

食事を終えて外に出ると、備後落合行きの出発時間まで30分も残っていました。暇つぶしにと、三江線の廃線跡を少し見てから、ドラッグストアで飲み物を買っておきます。駅の自販機は高いですからね。旅行中、飲み物は極力スーパーや薬局で買うようにしています。

急行なき芸備線の寂しさ

これから木次線に入るため、備後落合に向かいます。ホームに停車していたのは、キハ120形の単行でした。小さな車両ですが、それでも十分に乗れるほどの乗客しかいません。

IMG_4798.jpg
▲三次駅にて

芸備線は広島から離れるにつれて、本数も利用者も減っていくのが特徴です。とくに三次から先は、バスの方が利便性に優れているという、かつての札沼線末端部を思わせる状況だと聞いています。

塩町で福塩線が離れると、いよいよ寂れ具合がひどくなってきました。駅や線路だけ、時代に取り残されたような雰囲気です。

列車は三次以東で最大の街・庄原市に入りました。市を名乗るだけあって、備後庄原駅には立派な駅舎と2面3線のホームがあります。利用者をバスに奪われているため、かつての急行停車駅もその規模を持て余し気味です。

IMG_4802.jpg
▲備後庄原駅にて

ふと備後庄原駅のホームを見ると、広島カープの選手をかたどった人形がありました。なんでも、マツダスタジアムに展示されていたものだそうで、OB前田智徳氏の完成度が高すぎて、思わず吹き出しそうになりました。

IMG_4803.jpg
▲備後西城駅にて

備後西城を過ぎると、列車はいよいよ山奥深くに入ります。人家はまばらになり、目に飛び込んでくるのは緑一色。そんな山奥で突如、レールがいくつも分かれて、そのまま終点・備後落合に到着しました。まさに秘境のジャンクションです。

ロングシートで木次線を下る

見渡す限りの山、山、山です。ここ20年で備後落合を取り巻く環境は変化しました。急行ちどりは消え、発着本数も大きく減っています。三次方面はともかく、新見・宍道方面に向かう列車は、いずれも1日3本しかありません。

IMG_4804.jpg
▲備後落合駅にて

そのおかげで、行程を組むのにだいぶ苦労しました。列車が到着するまでの間、駅を少しだけ探検します。すでに無人化されて久しい駅舎は、地元住民によって大切に管理されていました。

やがて、新見・木次方面からの列車も到着して、備後落合駅に3色のキハ120形(広島・木次・津山)が並びました。これから宍道行きの列車に乗車します。

IMG_4816.jpg
▲備後落合駅にて

乗り込んだ列車はオールロングシートでした。最近のJR西日本では、ローカル線のロングシート化が進行しています。旅終盤に乗車した紀勢本線も、やはりロングシートが幅を利かせていました。

IMG_4819.jpg

これから木次線の中で、最も本数の少ない区間を走り抜けます。その中にはビュースポットや3段式スイッチバックもあって、とにかく見どころ満載な区間です。線路際を見ると、雪がまだ残っていました。

IMG_4818.jpg
▲赤い三井野大橋

IMG_4820.jpg
▲出雲坂根駅の3段式スイッチバックを進む

IMG_4821.jpg
▲出雲坂根駅にて

IMG_4822.jpg
▲出雲横田駅にて

秘境区間は出雲横田で終わり、進むにつれて人家が増えてきました。空が暗くなってきたころ、終点宍道に到着。

IMG_4823.jpg
▲木次駅にて

IMG_4824.jpg
▲宍道駅にて

これからサンライズ出雲に乗るべく、出雲市に向かいます。あいにく宍道での接続が悪く、ここで30分以上待つ羽目になりました。3月中旬とはいえ、さすがに日本海沿岸は肌寒く、常に動いてなければ震えが来ます。

出雲市行きを待つ間に、スーパーまつかぜ、「長くてキツイ」岡山行き288Mがやってきて、去っていきました。この間、出雲市に向かう列車は来ません。所定では特急やくもが来る時間帯ですが、過剰自粛のせいで運休になりました。

意外と快眠できる285系「サンライズソロ」

日没を過ぎたころ、ようやく出雲市行きが到着。キハ126のボックスシートに落ち着き、ようやくサンライズ出雲が待つ出雲市駅に降り立ちました。

あと13分後には出雲市を出発します。それまでの間に、駅コンビニで夕食と翌朝の食事を確保します。入線が出発5分前だそうですから、それまでに済ませたいところ。こういう時に限って、レジが混雑していがちですが、今回ばかりはそれもなく、余裕をもってホームに戻りました。

それから3分後、東京行きの285系サンライズ出雲がホームに入ってきました。今回はB個室ソロを予約しています。早速車内に入ると、中央部に狭い通路が通っていました。人一人が通れる幅しかありません。バックパックを背負っていたら、向きを変えるのも難しそうです。

IMG_4840.jpg
自分の部屋を見つけました。今回は下段を確保しています。窓からの目線は低すぎず、一般的な列車とほぼ同じレベルです。個室内はほぼベッドスペースに充てられ、靴や荷物を置ける空間はほとんどありません。そんな下段とは対照的に、上段には荷物を置ける空間が用意されています。サンライズ通の間では、下段よりも上段の方が好まれやすいとか云々。

車内設備を確認しているうちに、列車は出雲市駅を定刻通り出発しました。これから山陰本線・伯備線を経由して、一路岡山に向かいます。それまでの数時間、車内探検をしながら過ごすことに。

今どきの豪華寝台列車が「走るリゾートホテル」としたら、この285系サンライズはさしずめ「走るビジネスホテル」というべきでしょう。洗練されていて、かつ庶民的な雰囲気を感じます。

IMG_4851.jpg

ラウンジで夕食を終え、これからシャワールームに入ります。決して安いとは言えませんが、列車内でのシャワーなんてそう体験できません。シャワーカードもいい記念品になるでしょう。体を洗うには十分な時間と設備が用意されていました。

列車は伯備線をひた走り、布原駅で交換のため停車しました。これから出雲市行きの特急やくもとすれ違います。ところが、5分経っても列車は来ません。どうも様子がおかしい。

車掌の説明によると、動物がやくもに衝突したとのこと。おそらく鹿でしょう。山間部らしいなと思いつつ、横になって時間がたつのを待ち続けました。

IMG_4859.jpg
▲岡山駅にて

ようやく布原駅を出発した時点で、サンライズ出雲は30分の遅れを出していました。岡山では間違いなく、サンライズ瀬戸が待ちぼうけを食らっているでしょう。あれこれ考えているうちに、眠気が襲ってきました。岡山での連結作業も見ることなく、半分睡眠状態で、窓の外をスナップするのが精一杯です。

眠気が勝っていますが、それでも今どこを走っているのか気になってしょうがない。列車が停車するたびに、窓の外をのぞいては、現在地を確認しながら過ごしました。
~つづく~

撮影日:2021年3月14日
関連記事
鉄道

Comment

libertyrail

サンライズ号乗られましたか。
愛知県内は旅客停車が無く乗るとすれば下りで浜松から乗るか
上りで出雲市か高松のどっちかから乗り静岡まで行くしかありません。

備後落合駅は4年前の夏三江線乗った後計画してたものの
大雨で運休になり流れてしまいました。
木次線乗車や芸備線乗車実現はいつになるのやら・・・。

2021年04月01日(木)07:36

負鷺

No title

夜行列車は消滅したみたいな気で居ましたが
そういやサンライズはまだ現役でしたね。

ÖBBのナイトジェットの個室がとても快適で
サンライズのシングルデラックスにも必ず乗るぞと当時は思ったんですが、
まだ未乗のままです。
山陰・四国⇔東京というのが福岡民にとっては中々というか
極めて使いづらく
それこそwraさんのように乗ることを前提に旅程組まないと乗れません。

このまま乗らずに消えてしまいそうです。。。

関西方面との夜行が欲しいところです。
銀河なんかはよさげでしたがきっぷを取るハードルが高すぎます。

2021年04月07日(水)21:35
WRA

WRA

負鷺さんへ

返信が遅れて申し訳ありません。


ブルトレの「眠れない感じ」は一切なく、あまりの居住性の高さにビックリでした。
ベッドがレール方向なのが良かったのかもしれません。

欧州の寝台車は標準軌ですから、乗り心地はサンライズ以上でしょうなぁ。


まさにコメントの通りで、九州民からすると発着地があまりにも中途半端なんですよ。
サンライズのために乗ろうとしたら、確実に新幹線を挟むことになりますから、旅費が余計にかさんでしまいがちです。

昔は下関発着の「サンライズゆめ」なんて臨時列車がありましたけど、今もあったら確実に愛用しますよ。

2021年04月28日(水)23:58
WRA

WRA

libertyrailさんへ

返信が遅くなり申し訳ありません。


福岡民は福岡民で、発着地(出雲市・高松)があまりにも中途半端すぎて、そう気軽に乗れないという悩みがあります。たしかによく考えると、中京圏の人も停車駅の都合上、乗るとしてもハードルが高いですね。

乗車位置が中途半端に遠いのが、一番乗りづらいパターンなのかもしれません。
(遠すぎるほうが都合よし!?)


今回、行程を考えるうえで中国山地のローカル線には泣かされました。
なんとか木次線はクリアしましたが、姫新線・芸備線末端部・福塩線がまだです。

さらに本数が減るかもしれない、災害不通でそのままお陀仏になるかもしれない・・・
あの一帯は真っ先に制覇したほうが良さそうですね。

制覇すべく頑張りましょ!

2021年04月29日(木)00:15