【施設紹介】JR成田線 佐原駅(千葉県香取市)―伊能忠敬像が出迎える水郷の駅

今回は千葉県香取市にある佐原駅をめぐります。所属路線はJR成田線。

かつては特急すいごう・あやめが停車した、線内屈指の主要駅です。一駅先の香取駅から分岐する、鹿島線の実質的な始発駅であり、成田線・鹿島線系統ともに、佐原駅での折り返し列車が設定されています。

IMG_3906.jpg
▲水郷の玄関口にふさわしい和風デザインの佐原駅

駅舎は周囲の古い景観に合わせた、和風デザインを取り入れています。駅前広場もきれいに整備されていました。

IMG_3902.jpg
▲佐原が生んだ郷土の偉人・伊能忠敬の像

ここ佐原といえば、日本各地を測量して精密な地図を作り上げた、伊能忠敬のふるさとです。駅前ロータリーには忠敬の銅像が鎮座していました。

ちなみに朝の時間帯、正面から銅像を撮ると逆光になります。

IMG_3904.jpg
▲佐原市街地の町割り地名には「イロハ」が使われている

ついでに駅周辺を散策してみました。どうやら、佐原中心部には住居表示が導入されていないようです。「佐原」という地名は、その後ろに「イロハ」をつけることで、いくつかの町名に細分されていました。

IMG_3903.jpg
▲佐原駅に到着する209系

駅に到着する209系を撮ったところで、再び駅に戻ります。いずれこの区間にも、E131系が導入されるのでしょう。113系の時代を記録していないだけに、しっかりと見ておきます。

IMG_3898.jpg
▲佐原駅改札口・窓口

駅舎内はいかにも主要駅らしい、充実した構造になっていました。JR東日本ではおなじみニューデイズのほか、大きな待合室も用意されています。

IMG_3899.jpg
▲佐原駅観光交流センター・ニューデイズ

IMG_3897.jpg
▲佐原駅ホームから改札側を眺めて

IMG_3894.jpg
▲佐原駅ホーム(成田線向け)

ホームは成田線向けの2面3線と、鹿島線用の頭端式ホーム1線分が用意されています。鹿島線ホーム(0番乗り場)には屋根がないので、雨の日は濡れないように注意が必要です。

IMG_3896.jpg
▲佐原駅ホーム(左は成田線、右は鹿島線向けの頭端式ホーム)

IMG_3883.jpg
▲佐原駅で並ぶ209系

撮影日:2020年12月29日
関連記事
鉄道

Comment