ブログヘッダー画像
(当ブログにはプロモーションが含まれています)

【愛知環状鉄道→名鉄】新豊田駅から豊田市駅に乗り換える

トヨタ自動車のおひざ元、愛知県豊田市にやってきました。今回は愛知環状鉄道の新豊田駅から、名鉄豊田市駅に乗り換えたいと思います。

IMG_5863.jpg
▲新豊田駅駅名標

両駅間はそれぞれ近接した場所にあるため、乗り換えが容易です。まずは新豊田駅の改札を抜けて、駅の外に出ましょう。

IMG_5861.jpg
▲新豊田駅構内

降り立った新豊田駅は、ベースが国鉄岡多線というだけあって、国鉄の高規格路線らしい立派な造りをしています。愛知環状鉄道に経営移管されるまでは、岡多線の終着駅でした。

2008年に三河豊田までの複線化が行われ、同時に1番乗り場の改良工事も実施されました。三セク鉄道の中でも、指折りの立派な駅じゃないかと思います。

IMG_5865.jpg
▲新豊田駅改札口

IMG_5862.jpg
▲新豊田駅から豊田市駅に続くペデストリアンデッキ

改札を抜けて外に出ると、ペデストリアンデッキがまっすぐ伸びていました。その両脇には商業施設が連なり、都会の玄関口らしい活気を見せています。デッキをまっすぐ進むと、名鉄豊田市駅に行けるようです。

IMG_5866.jpg
▲新豊田駅から豊田市に続く通路にて(松阪屋)

IMG_5867.jpg
▲名鉄豊田市駅

ペデストリアンデッキを進むと、ほどなくして名鉄豊田市駅に到着。たしか、3分も歩かなかったような気がします。これは便利ですね。

IMG_5868.jpg
▲豊田市駅改札口

IMG_5872.jpg
▲豊田市駅構内

さっそく改札を抜けてホームに向かいます。名鉄豊田市駅は名鉄屈指のローカル線・三河線(山線)の途中駅ですが、地下鉄鶴舞線・名鉄豊田線が乗り入れている関係で、立派な駅舎・ホームを有しているのが特徴です。

2面3線のホームのうち、両脇2線は三河線が、行き止まり式の中央1線は豊田線(鶴舞線)が利用しています。

IMG_5869.jpg
▲豊田市駅に停車中の名古屋市交通局3050形

IMG_5871.jpg
▲豊田市駅に到着した名鉄三河線6000系

猿投からやってきた6000系知立行きに乗車して、乗り換えミッションは無事完了!名鉄豊田市駅を後にしました。

撮影日:2021年3月
関連記事
鉄道

COMMENT