【旅行記】ローカル線乗りつぶし旅2021夏 4日目―北陸から東北に抜ける大移動日

青春18きっぷの旅を再開して、引き続き日本海沿いを北上します。

この日は高岡周辺に孤立したJR2線を乗りつぶしたのち、新高岡から北陸新幹線で上越妙高へ。それから越後線を経由して新津に向かい、新津発米沢行きのロングラン列車で米坂線を制覇します。ゴールは山形駅!

4日目の行程(赤文字は新規乗車区間)

戸出~【城端線】~城端

城端~【城端線】~高岡~【氷見線】~氷見

氷見~【氷見線】~高岡~【城端線】~新高岡

新高岡~【北陸新幹線 ※1】~上越妙高

上越妙高~【トキ鉄・特急しらゆき】~直江津~【信越本線】~柏崎

柏崎~【越後線】~新潟~【信越本線】~新津

新津~【羽越本線 ※2】~新発田

新発田~【羽越本線 ※2】~坂町

坂町~【米坂線 ※2】~米沢~【奥羽本線】~山形


※1:北陸新幹線の富山~糸魚川間は乗車済み
※2:新津発米沢行き833Dの長時間停車を利用して新発田・坂町に途中下車

JR城端線の戸出駅から歩いて10分の場所にある、快活CLUBの店内で4日目を迎えました。まずは高岡発の始発列車で城端線を往復します。

JR城端線戸出駅木造駅舎
▲早朝の戸出駅にて

富山県道253号戸出停車場線看板
▲戸出駅前にて(富山県道253号線ヘキサ)

IMG_7035.jpg
▲城端線始発で城端を目指す

IMG_7036.jpg
▲貸し切り状態のキハ47車内

早朝ということもあり、車内はほぼ貸し切り状態。開いたボックスシートに足を投げ出し、砺波平野の絶景を独り占めにしました。

IMG_7041.jpg
▲福光駅にて

IMG_7045.jpg
▲砺波平野の散村地帯を進む

IMG_7046.jpg
▲城端駅に到着

城端駅では10分程度の停車時間を利用して、駅前に出ました。列車によっては折り返しや長時間停車があるため、この時間を有効活用して、たくさんの駅に途中下車したいと思います。

IMG_7058.jpg
▲城端駅前をうろつくタヌキ

高岡行きの列車に乗り込むと、窓越しに何かが見えます。どうもサビ猫のようですが、何かがおかしい。試しに写真を一枚とって確かめると、その正体はタヌキでした。明るい時間にタヌキとは珍しいかも。

IMG_7063.jpg
▲福光駅手前で加越能鉄道加越線の線路跡が寄り添う

城端からの復路は「通学列車」の様相を呈します。福光、砺波・・・と、主要駅に着くごとに、夏服姿の高校生がなだれ込んできました。ボックス席はすべて埋まり、涼しいはずの車内は熱気に包まれています。

高岡駅でいったん城端線に別れを告げて氷見線へ。のちほど新高岡駅に移動する際、もう一度、城端線に乗る予定です。山々に抱かれた平野部の旅から一変して、海沿いの旅が始まりました。

あいの風とやま鉄道のゆるキャラ「あいの助」
▲あいの風とやま鉄道にもマスコットが誕生した!
その名も「あいの助」(まだ着ぐるみ化はされてない模様)


IMG_7067.jpg
▲氷見線の絶景区間といえば雨晴界隈

乗り換えた氷見行きもやはり、高校生で大賑わいでした。ラッシュ時間帯の宿命です。伏木高校最寄りの越中国分で大半が降り、ようやく落ち着きを取り戻しました。

IMG_7071.jpg
▲富山県氷見市のマンホール

列車は1時間もしないうちに終点氷見に到着。列車が折り返すまでの時間を利用して、駅前に出ました。制限時間は15分。まあ何とかなるでしょう。

氷見市は藤子不二雄Ⓐ先生の出身地ということで、市内各所に代表作のキャラクターが鎮座しています。『笑ゥせぇるすまん』の喪黒福造と共演したいところですが、時間の都合上、駅周辺から動けません。

せめて駅周辺だけでもと地図を見ると、『怪物くん』が駅前通りにいるというじゃないですか。よし、怪物くんやドラキュラ・狼男・フランケンにも挨拶しておきましょう。

IMG_7073.jpg
▲氷見駅前の怪物くんと一枚



IMG_7083.jpg
▲高岡駅に留置中の「忍者ハットリくん列車」

なんとか氷見らしい氷見駅滞在を終え、高岡に戻ります。城端線ホームに向かうと、留置線に「忍者ハットリくん列車」が停車していました。高岡・氷見で藤子不二雄ワールドを堪能したところで、いよいよ高岡を離れるべく、新高岡に向かいます。

IMG_7099.jpg
▲新高岡から北陸新幹線でワープ

朝がプロテインだけというから、そりゃ腹が減るってもんです。新高岡駅のコンビニでカップ麺を買い、腹の足しにしました。

特急が来なくなったことで、高岡駅が寂しくなった半面、ここ新高岡駅は玄関口としての規模を在来線から受け継いでいます。まもなく「はくたか」が到着するというので、さっと切符を買いホームへ。

IMG_7103.jpg
▲富山の一風変わった台地(滑川市東加積台地)を眺めて

あれだけ時間をかけて移動した区間が、北陸新幹線の手にかかれば、ものの1時間で駆け抜けてしまいます。こうして北陸地方から甲信越地方に突入したところで、上越妙高駅に到着。

IMG_7104.jpg
▲上越妙高駅に到着

何とも不便なことに、上越妙高からJR在来線まで若干離れています。どうせ三セク区間に乗るならと、奮発して特急「しらゆき」で直江津を目指すことに。

実をいうと、E653系は今回が初乗車です。「フレッシュひたち」は1度しか見たことがありません。10分の短い移動を終えて直江津に到着。

IMG_7105.jpg
▲よくわからないけど「何かが消えた」直江津駅

IMG_7106.jpg
▲直江津駅でクハ455-700連結の413系「観光急行」に遭遇

直江津でJR線に合流して、柏崎に向かいます。ここから新津まで、E129系での移動が続きました。

IMG_7111.jpg
▲柏崎駅を出発するE653系「しらゆき」

IMG_7114.jpg
▲新潟県柏崎市のマンホール

IMG_7130.jpg
▲越後線小島谷駅で115系旧弥彦色と交換

越後線に入ると、一気にローカル色が強まりました。だいぶE129系が普及しましたが、115系もしぶとく活躍を続けています。吉田駅での長時間停車を挟み、数時間かけて新潟へ。

IMG_7135.jpg
▲吉田駅に停車中のE127系

IMG_7140.jpg
▲吉田駅で長時間停車

IMG_7147.jpg
▲新潟駅に停車中のE4系Maxとき

IMG_7148.jpg
▲新潟駅最後の地上ホームにて

工事中の新潟駅には長居せず、新津行きに乗車。羽越本線の未乗区間・新津~新発田を乗りつぶすため、再度信越本線に入りました。新津に到着したら、駅前のコンビニで弁当を買い、遅めのランチタイムです。

IMG_7149.jpg
▲新津駅に到着

IMG_7150.jpg
▲新津駅前に展示されているD51-816号機動輪

新津駅からキハ110系の米沢行きで、一気に山形県を目指します。いかにもロングラン列車らしく、途中、新発田・坂町で長時間停車するとのこと。あまり来ない地域ですし、休憩を兼ねて途中下車したいと思います。

IMG_7183.jpg
▲新潟県旧荒川町のマンホール(坂町駅前にて)

予定どおり新発田・坂町でのミッションをこなし、米坂線に入りました。平成初期に廃止された旧玉川口駅を見るため、小国駅の手前で後方に張り付きます。

やがて線路が不自然にカーブすると、玉川口の駅跡地に入りますが、あまりにも草に覆われて何もわかりません。廃止から四半世紀が経ち、駅としての面影は消えつつあるようです。

IMG_7199.jpg
▲米坂線の旧玉川口駅跡を通過

雰囲気はケンシロウ、見た目はジュウザ、前髪はレイ
▲ケンシロウとジュウザを足して二で割った風貌の『花の慶次』前田慶次
(米沢駅にて)


すっかり日暮れた頃、終点米沢駅に到着。ここから数日間、東北地方のローカル線をまわる予定です。まずは奥羽本線の719系で山形に向かいました。

IMG_7211.jpg
▲719系で山形駅へ

IMG_7212.jpg
▲山形市マスコット「ベニちゃん」はこう見えても塩崎キャラではないらしい
前にも同じようなこと言ったな


21時ごろ、この日のゴール・山形に着きました。これから駅前にあるホテルに移動したいところですが、まずは夕食探しといきます。

馬鹿げた時短営業のせいで、定食屋すら開いていません。スーパーで総菜類を買って、それをホテルで食べることに。ゼロリスクのせいで「あれダメこれダメ」と、禁止や自粛ばかり強いられて、世の中本当に滅茶苦茶です。

IMG_7214.jpg
ホテルニュー最上屋にチェックイン!

IMG_7213.jpg
▲今晩は快適なベッドで寛ごう

IMG_7216.jpg
▲時短営業のク・ソ・バ・カ・ヤ・ロ・ウ

IMG_7215.jpg
▲いかにも山形らしい紅花茶がある

翌朝は左沢線の往復から始まります。さいわい、始発列車が7時台と遅く、おかげで無理な早起きはせずに済みそうです。夕食を済ませてシャワーを浴び、早いうちに就寝。
~つづく~

撮影日:2021年7月30日

シリーズ内記事一覧

ローカル線乗りつぶし旅2021夏 1日目―阪九フェリーせっつに乗る
ローカル線乗りつぶし旅2021夏 2日目―大雨に付きまとわれる北陸路
ローカル線乗りつぶし旅2021夏 3日目―北陸鉄道&万葉線を乗りつくそう
ローカル線乗りつぶし旅2021夏 4日目―北陸から東北に抜ける大移動日
ローカル線乗りつぶし旅2021夏 5日目―由利高原鉄道を見逃さなかった
ローカル線乗りつぶし旅2021夏 6日目―リゾートしらかみで青森突入
ローカル線乗りつぶし旅2021夏 7日目―酸ヶ湯温泉は本当にすっぱい
ローカル線乗りつぶし旅2021夏 8日目―北三陸はあっさり通過

ローカル線乗りつぶし旅2021夏 9日目―思い付きで平泉に途中下車
ローカル線乗りつぶし旅2021夏 10日目―さらば東北!ついに関東地方へ突入
ローカル線乗りつぶし旅2021夏 11日目―西武山口線を撮りに行く
ローカル線乗りつぶし旅2021夏 12日目―西武小江戸&東武りょうもうに乗る
ローカル線乗りつぶし旅2021夏 13日目―閉会式当日の国立競技場に行った
ローカル線乗りつぶし旅2021夏 14日目―三重県内のJR線完乗へ
ローカル線乗りつぶし旅2021夏 15日目―神戸で1日中過ごす
ローカル線乗りつぶし旅2021夏 16日目―中国地方の山岳ローカル線を完乗せよ!
ローカル線乗りつぶし旅2021夏 17日目(完)―超ヤバイ雨が降り出した
関連記事
鉄道ゆるキャラホテル

Comment