ポタリングの記録(55km:宗像~脇田~三ケ畑~縁山畑~若宮~宗像) 県道92号開通路を実走

少し前のことですが、県道92号線の未開通部分(宮若市湯原~三ヶ畑)が通れるようになりました。

別の県道や、並行するダート林道を迂回する必要はなくなり、宗像から篠栗までの全区間が、舗装路で結ばれた形です。今回はそんな92号線を通って、宮若市きっての僻地・縁山畑を目指しました。

宗像~猫塚~脇田

まずは92号線をひたすら下り、宗像を出るところから始まります。宮若市に入ってすぐの場所にある、猫塚バス停で最初の休息をとりました。

猫塚の追い出し猫東屋
▲猫塚にて

九州道を潜り抜け、2度目の山越えに入ります。山口~脇田間は峠を避けて、福丸経由にするのも考えましたが、92号線がメインテーマならやっぱ通るしかない!と。意を決して峠道に入りました。

ピークを2~3度越えると、脇田温泉の看板が見えてきました。県道21号線との交差点までくると、左奥に旧吉川小学校が見えてきます。少し前から、何らかの改装工事が行われていましたが、どうやら「トライアル」運営会社の関連施設になるようです。

宮若市のトライアル研修施設
▲旧吉川小学校が新たな姿に!

脇田~湯原(山の口)

宮若市脇田温泉俳句の道
▲脇田から県道92号「かつての最凶区間」に入る

さて、脇田温泉から本題に入ります。温泉街を抜けて湯原地区に入ると、坂とつづら折りが延々と続いていました。それにしても、バイクとよくすれ違うこと!交通量が少ないせいか、ツーリングの定番コースになっているようです。

宮若市湯原山の口集落
▲山の口集落

宮若市の山奥に積まれたPC枕木
▲なんでこんな場所にPC枕木があるんでしょうね

そんな山奥の道脇で、本来ならば無いはずのものを見つけました。それが普通のコンクリ片ではなく、鉄道用のPC枕木であることは一目瞭然です。なんでこんな場所に・・・。

はたして、どんな用途で使っているのでしょうか。

福岡険道92号線
▲ついに中央線が消えた

あまりのキツさに疲労が出てきました。やがて幅員が狭くなり、雰囲気も変わってきます。山の口集落を過ぎると、三ヶ畑に着くまで集落はありません。「険道」の雰囲気が強まってきました。

湯原~三ヶ畑(新規開通区間)

福岡県道92号線は全通しました
▲舗装が突然新しくなった!この辺から新規開通部分らしい

峠のピークが近づくと、ある場所で突然、舗装が新しくなりました。それだけではありません。ガードレールや法面も新品そのものです。どうやら、新規開通区間に入った模様。

かつての迂回路なのか、92号と並行するように、簡易舗装の林道が伸びています。その悪路っぷりを見て、とても迂回の用途には使えなかったんだろうなと、思わずにはいられませんでした。

IMG_8277.jpg
▲新しい峠道を疾走だ!昔からこの道があれば大久保は廃村にならなかったろう

ここでふと、すぐ近くに「大久保」という廃村があるのを思い出しました。地理的には三ヶ畑寄りですが、脇田側の湯原地区に属しています。あまりに山奥深いため、ずいぶん昔に全住民が村を出たそうです。

92号線が新規開通したことで、前よりも大久保に行きやすくなりました。もし昔からこの道があれば、大久保の廃村化は数十年遅れたかもしれませんし、場合によっては高薮のように現存したでしょう。

三ヶ畑~田尻~縁山畑

宮若市旧若宮南小学校
▲旧若宮南小学校

新規開通区間は大方1車線路ですが、交通量と新しさもあって、走りやすい坂道でした。三ヶ畑で力丸からの県道に合流して、しばらく八木山川沿いを進んでいきます。やがて、廃校になった若宮南小学校が見えてきました。

IMG_8279.jpg
▲田尻集落で右折して篠栗方面へ

県道92号線はJA事務所がある田尻集落で、右に曲がります。ここで直進すると、飯塚市八木山の方に行ってしまうので注意。小谷集落に行く場合も、直進するのが正解です。

IMG_8280.jpg
▲田尻集落全景(力丸ダム方面を眺めて)

IMG_8281.jpg
▲荒れかけた県道92号線を進む

JA前で休憩したのち、いよいよ宮若市の最果て「縁山畑」に向かいます。しばらく坂道が続くのは知っていましたが、ここまで急峻なのが3キロも続くとは、完全に想定外でした。

IMG_8282.jpg
▲つづら折りの先に端口集落(縁山畑地内)が見える

縁山畑に入ったら下りになると、そう思っていた俺がバカでした。なんだよこれ!全然坂道が終わる気配がないんですけど。

心折れても逃げ場がない!とにかく行くっきゃないのですよ。くうう・・・。

IMG_8283.jpg
▲間違いなく村の人口よりも多い稲束

縁山畑地区に入って最初の集落は、つづら折りの上にある端口。わずか2~3世帯程度という、典型的な八木山の小集落です。そこを過ぎれば、ほどなくして縁山畑の中心・縁山集落が見えてくるはず。

宮若市で一番山奥にある縁山畑
▲縁山畑の「本村」縁山集落

思ったよりも小さな集落でした。ここ縁山畑地区は、縁山・端口の2集落で構成された大字です。ここから篠栗・三ヶ畑・脇田に抜けることができます。

さらに92号線を進めば、猫峠を経て篠栗に行けますが、帰宅時間を考えると、この辺りで帰路に入るべきと判断。92号線を外れ、脇田に抜ける「縁山畑スカイライン」に入りました。

縁山畑スカイライン~宗像

IMG_8284.jpg
▲縁山畑スカイラインを下って脇田に戻る

山登りを覚悟していましたが、縁山の集落を抜けると、あとはひたすら下り坂が続きます。わずか15分で県道21号の旧道に到着。一度もペダルをこぐことなく、縁山畑スカイラインを走破しました。

体力温存を考えると、福丸経由で帰ったほうが良さそうです。坂道を回避しながら、県道75号・401号経由で宗像に戻りました。途中で風が強くなってきましたが、クロスバイクということで許容範囲です。なんとか明るいうちに帰還できました。

走行距離は55キロと短いものの、峠越えを繰り返すハードな行程でした。今度は車で通ってみよう。

撮影日:2021年9月26日
関連記事
鉄道

Comment

ban7310

こんばんは!

こんばんは!banban(父)です。いつも応援・コメントありがとうございます!

自転車での活動も頑張っておられるようで、拝見させていただいても共感するところが多くて嬉しくなります。地域的にも坂道が多い印象ですが、坂とカーブばかりが続くところは目標が見えにくいので大変ですね。自分も心が折れそうになってもひたすらペダルを踏むしかないので頑張っております。

またいい活動が出来ますように、安全第一でお互い頑張りましょう!!

2021年09月27日(月)23:51
WRA(うら)

WRA(うら)

banban(父)さんへ

志賀島ルートは平たん路が多く、ムリさえしなければスタミナ切れもないのかなと思いました。その一方で、福岡内陸部の峠越えは体に応えました。ああいう場所には休憩できるところが少なくて、ペース配分にも苦労します。

いずれ佐賀・熊本方面に行くことを目標に、体力づくりを頑張りたいと思います。

2021年10月11日(月)23:04