【施設紹介】JR越美北線 九頭竜湖駅(福井県大野市)―ローカル線の最果てはログハウス?

今回は福井県南部、大野市にある九頭竜湖駅をめぐります。越前花堂から伸びてきた越美北線の終点にあたり、平成の大合併まで存在した旧和泉村の代表駅です。

当初の計画では、ここから岐阜県の越美南線に接続する計画でしたが、それも夢と消え、越美南線も長良川鉄道に経営移管されました。終点らしからぬ小さなホームに、「越美線計画」の名残を見ることができます。

IMG_6862.jpg
▲ログハウスのような九頭竜湖駅

駅舎はいかにも山奥の駅らしい、ログハウス風の造りです。駅横にはファミリーマート・道の駅もあるなど、駅周辺は人が集まりやすい場所として整備されていました。

IMG_6863.jpg
▲ファミマ併設の和泉ふれあい会館

IMG_6864.jpg
▲恐竜のフィギュアが置かれた「道の駅九頭竜」

IMG_6865.jpg
▲「道の駅九頭竜」看板

IMG_6869.jpg
▲九頭竜湖駅駅舎内部

駅舎内に入ると、木のいい香りが漂ってきました。これはまさしくログハウス!キャンプ場で感じる雰囲気と香りがします。

なお、同駅は簡易委託化されており、管理人が窓口にいました。そう遠くないうちに無人化されるという話もあります。

IMG_6871.jpg
▲木の香りが漂う駅待合室

IMG_6872.jpg
▲出発列車は1日5本のみ!3~5時間おきにしか列車が来ない

IMG_6866.jpg
▲九頭竜湖駅構内全景

IMG_6868.jpg
▲九頭竜湖駅に停車中のキハ120

IMG_6873.jpg
▲終端部には2本の線路が並ぶ

ホームは1面1線ですが、終端部には2本の留置線が敷かれています。始発列車5時台と早いですが、同駅での夜間滞泊は行われていません。

撮影日:2021年7月28日
関連記事
鉄道

Comment