【施設紹介】JR伯備線/姫新線 新見駅(岡山県新見市)

今回は岡山県北部、新見市にあるJR新見駅をめぐります。駅番号はJR-V18。

伯備線から姫新線が分かれているほか、2駅先の備中神代から分岐する、芸備線の列車も乗り入れています。特急「サンライズ出雲」「やくも」の停車駅です。

伯備線は同駅を境に、南北で大きく性格が異なります。以南は1~2時間に1本の普通列車が設定され、山陽本線と同じく、115系や213系が使われていますが、以北は3~4時間に1本しか設定されておらず、車両も115系ワンマン車(G編成)を使用しているのが特徴です。

その反面、特急「やくも」は毎時1本設定されており、ローカル輸送よりも都市間輸送に重点を置いている様が見て取れます。ローカル幹線のうち、山間部の県境区間にはよくあることです。

IMG_8203.jpg
▲新見駅 駅舎全景

真正面にはいかにも古そうな駅舎が、ドンと構えています。地方の主要駅らしい立派な造りです。ロータリーから駅前通りにかけて、商店街が伸びていました。

IMG_8204.jpg
▲新見駅前の風景

IMG_8208.jpg
▲新見市街地循環バス「ら・くるっと」

やがて、駅前に黄緑色のバスがやってきました。市街地循環バス「ら・くるっと」です。車体には新見市マスコット「にーみん」がラッピングされ、いかにも地域コミュニティバスらしい見た目をしています。

IMG_8209.jpg
▲新見駅に到着する381系「やくも」

IMG_8212.jpg
▲新見駅待合室

IMG_8211.jpg
▲新見駅券売機

IMG_8213.jpg
▲駅舎側から新見駅ホームを眺めて

IMG_8200.jpg
▲ホームから駅舎を眺めて

IMG_8201.jpg
▲新見駅に停車中のキハ120と213系

伯備線・姫新線・芸備線が乗り入れるだけはあって、広い構内が特徴です。2面4線の発着線のほか、いくつもの側線・留置線が敷かれていました。地下通路が駅舎とホームを連絡しています。

撮影日:2021年8月10日
関連記事
鉄道ゆるキャラ

Comment

自由人

こんばんは

新見いい所ですよね。
18きっぷで行ったとき待ち時間ができたので駅前に出てみたら
川沿いに鬼怒川みたいな旅館の廃墟がありました。いい味出してます。

2021年10月15日(金)20:40
WRA(うら)

WRA(うら)

自由人さんへ

なかなか旅情のある街でした。乗り換え時間が長いと、なかなか目的地に行けないのでガッカリしがちですが、街歩きの時間が確保できたと思うようにしています。

2021年10月24日(日)15:23