ブログヘッダー画像

岡本監輔の樺太旅行記 『窮北日誌』を読む会(第6回目)【5/28歴背床~29茨冨間】

樺太北部をフィールドワークした岡本監輔の旅行記『窮北日誌』を読む会。6回目となる今回は、岡本一行が歴背床近辺を発つシーンから始めていきます。

この辺りから進路は南に変わり、そのまま北知床岬に向かうルートを取ります。

420karafuto.png
▲今回読み進める行程(赤矢印が巡検ルート)

5/28 歴背床~蒸日


二十八日、濃霧四塞たり。

南行すること三里ばかり、石壁峭削たり。

瀑有りて焉に■。状 缶簾のごとく、瑟を戛するがごとし。

海面の礁石 点々にして露髻たり。

過ぎて此の山勢 漸く低く、汀沙平布にして礁石連亘たり。

二里ばかりして小河有るを父国(カリクニ)と為す。河傍 舟を泊すべし。

春夏の交、鰊有ること極めて夥しと云~。

行きて志那古奴と会し、散麻(チルアサ)に到る。

湖有り南北に延び、此より南行して東するは二里許、地 漸く低く、遂に平陂と為る。

天 稍(ようや)く晴る。舟中の四望 豁然たり。

東方に山有り。山下の残雪瞪瞪にして日光倒射せり。是を蒸日(ムシビ)と為す。文化中、間宮林蔵が経歴せし所なり。実に此に止(とど)まると云~。

湖有り。南北一里許、東西十町に盈(み)たず。

東に沙丘の堤のごとくなる有り。草色 葱然たり。

志那古奴 之を指して曰く「吾が儕(ともがら)の真知床に赴く帰途、必ず此に由る。」と。

余 因て問ふ、「盤香人の自ら言ふ、真知床を踰(こ)へざるは信なるや。」と。

志那古奴曰く「非なり。彼 人の郷導を命ずるを慮る。故に知らずと為すのみ。中国人 彼を見る毎~、酒を賜ふも吾が儕を問はず。今、此のごときなるは如何ん。」と。

遂に湖に循(めぐ)りて行き、海上に出づ。

歩きて之を計るに、広さ僅かに五十間なり。

其の最高の処 二丈に過ぎず、湖西は尤も狭く、尤も庳(ひく)し。

余 乃ち大ひに盤香夷を罵り、且つ「古来の志士 未だ曽て此の地に至る者有らざるを嘆す。」と。

因て謂ふ、「苟も千金を抛(なげう)ち之を疏鑿せば、則ち旬日にして其の功を畢るべし。然る後も大艦の通過碇泊すること、自由ならざるは無し。世の奥地を拓かんと欲するも真知床を慮る者は、宜しく首(むか)ひて是事を議すべきや。」と。

■解説

この日は濃霧が立ち込める中、出発しました。海岸線には岩が目立ち、沿岸には滝が流れ落ちている個所もあります。海面に目をやると、礁石がいくつも露出していました。

しばらく進むと、鰊がよく獲れるという父国に到達します。ウィルタ人ガイドの志那古奴は先行していた模様。彼と合流したのち、さらに進んで散麻へ。今でいう散江のあたりでしょう。

湖があって周囲の山々が低くなると、まもなく北知床半島の先端部です。蒸日(地図上の虫火)に到達したところで、岡本は志那古奴にたずねました。「盤香の人間が真知床より先に行かないのは本当か?」と。

志那古奴はこれを否定したうえで知人を例に出し、「彼(知人)の場合、ガイドになるのを忌避して『真知床よりも先は知らない』と言いますね。」と返しました。

この会話を踏まえ、岡本は「北知床半島より先の把握・開発を思いとどまるのは如何なものか(超意訳)」と述べています。前例がないからと何もやらないのは、確かによくないことですし、戦後日本社会のあり方にも通じる問題点だと思います。

5/29 蒸日~茨冨間


二十九日、天気温和なること中土暮春の候のごとし。

上辰、志那古奴等と同じくし、蒸日を発し晩に茨冨間(パラトンナイ)に到る。

約(およそ)十二三里、岡陵の参差なること断続す。

五葉松茂生す。長きは五六尺、矮きは尺に盈たず。

地勢 到処尽く方様を成す。

漸く南、漸く東、茨冨間より蒸日を望むに、正に亥子の中位に在り。

中間 蒸日を距ること里強なるを新歴鹿(アタラベシカ)と為す。

小岬より岸下、石多く、殆ど足を容れず。

岸上の平陵、五葉松多し。一望するに蒼然たり。

四里許なるを新歴井(アレテッペイ)と為す。

小湖三つ有り。湖南の山勢隆起、草樹の繍錯 美観と為す。

五里強なるを択向(エンルムカ)と為す。

海面に二礁石有り。相距ること数十歩。其の間深きは二仭余、以て繋泊すべし。

此れより南、水色澄澈 鑑みるべくして、敷香以来の見る所に比せず。

蓋し敷香の傍近、皆な濁流多し。

此の間、河湖相錯(まじわ)る。水極めて清絶なればなり。

申牌、伝九郎の白鳥を銃穫するに、同して山に登る。山の高さ数丈。南望するに海湾弓のごとし。

一線邐迤たるを香部(カバシベ)岬と為し、東南頗る高し。

一庁削るがごときを真知床岬と為す。

地勢南北数里、西より東に至る。

約十町許遥かに、洋中の白波震蕩にして岸下帖全たるを認む。

其の暗礁の碍る所と為るを知るなり。

此の処、旧(もと)蝦夷村落と為す。

墳墓有りて率兜婆を建てしに、魯人の此に来りしより、皆な焚く灰と為る、と云ふ。

■解説

この日は穏やかな天気の下、北知床半島を南下して茨冨間(=原戸)にむかいました。半島の先端付近には五葉松が生い茂っています。敷香付近は濁流が多いため、半島先端部の方が澄んだ水に恵まれている模様。

伝九郎の白鳥狩りに同行して山に登ると、弓状の海岸線が見えました。先端部には香部岬(遠友岬)・真知床岬(北知床岬)がそれぞれ突き出しています。


ようやく北知床半島の先端部に到達したところで、今回の解説を終えたいと思います。

まだ50度線すら越えていませんが、あと少しの辛抱です。しかし、悪天候が岡本一行の歩みを邪魔するのでした...。

関連記事

COMMENT