ブログヘッダー画像
(当ブログにはプロモーションが含まれています)

【博多どんたく港まつり2022】1日目(2=完)―パレードで常連ゆるキャラを激写!

3年ぶりに開催された「博多どんたく港まつり」のメインイベント、パレードの時間が訪れました。天神のお祭り本舞台を引き上げ、これから呉服町でどんたく隊を迎えるべく、明治通りを東に進んでいきます。



天神から呉服町拠点に移動する


リバレインを過ぎたころ、パレード先頭の博多松囃子とすれ違いました。それから程なくして、前方から西鉄の花自動車が迫ってきました。西鉄福岡市内線の花電車にルーツを持つ、どんたくに欠かせない存在です。

西鉄のどんたく花自動車
▲西鉄の花自動車

呉服町までの道中、めぼしいものを撮りつつ移動することに。呉服町拠点が見えた頃、精華女子高校のマーチングバンドが近づいてきました。同校マスコット「のりペン」も一緒です。

風邪をひいてるのかな?お大事に...。

精華女子高校マスコットのりペン
▲精華女子高校のマスコット「のりペン」

博多町人文化連盟どんたく隊
▲待機路から出てきた博多町人文化連盟どんたく隊

柳川市どんたく隊のこっぽりーを追う


呉服町拠点に到着したところで、続いては待機所のある冷泉公園に移動します。公園から明治通りまでの待機路には、福岡市役所など地元系のどんたく隊が列をなしていました。マスコットの参加はない模様。

冷泉公園はこれまでと同じく、出入り自由でした。他都市どんたく隊改め各都市どんたく隊が、編成を終えて待機路に入ろうとしています。その中には柳川市のどんたく隊もありました。

博多どんたく港まつり2022の冷泉公園
▲待機場のある冷泉公園に到着!例年通り出入り自由なのがうれしい

黒一色の中に青々とした姿が見えます。その正体は柳川市マスコット「こっぽりー」でした。見ないうちに着ぐるみを新調したらしく、新品のごとく綺麗です。

こっぽりーの参加を確認したところで、いったん明治通りに戻り、別のどんたく隊を見届けます。ちょうど新天町どんたく隊の名物・三十三羽鶴が通過しているところでした。

新天町どんたく隊の三十三羽鶴
▲新天町名物・三十三羽鶴

福岡県柳川市のゆるキャラこっぽりー
▲柳川市どんたく隊に参加した「こっぽりー」

待機路に戻ると、各都市どんたく隊が出発準備を終え、並んでいるところでした。その中には柳川市どんたく隊の姿もあります。広報向けに使うのか、こっぽりーの写真撮影をしているところでした。


会えた!やっと会えたー!!


柳川市どんたく隊とこっぽりー
▲見ないうちにメチャクチャ綺麗になってる!

ほんの少しだけお邪魔すると、気を利かせてポーズを決めてくれました。決して表舞台とは言えない場所ですが、こうしてサービス精神にあふれる対応を取ってくれる団体には、ただ感謝するばかりです。


▲動画版

各都市どんたく隊&通りもん型どんたく隊を追え!


世界水泳FUKUOKAどんたく隊
▲世界水泳FUKUOKA2022のマスコットはイルカ

パレード参加マスコットを把握したところで、あとは明治通りでパレードの通過を見届けるばかり。これから例年マスコットの参加数が多い、各都市どんたく隊・通りもん型どんたく隊が通過します。

永遠の12歳大野ジョーとまどかちゃん
▲大野城市どんたく隊と大野ジョー&まどかちゃん

大野城市からは、大野ジョー&まどかちゃんが参加しました。地元マスコットでかつ、例年見ることの多い存在ですが、例の過剰自粛ですっかりご無沙汰状態でした。

今年こそは派手なイベントをやってくれるかな?


特別ゲストはころう君ときやまん兄弟で!


S4080002.jpg
▲鹿児島市おはらどんたく隊

今回のどんたくパレードでは基本、どの団体もマスク着用で行いました。もはや救いようがないぐらいにゼロコロナ的ですが、もちろん、全部が全部そうではありません。鹿児島市おはらどんたく隊が唯一の救いでした。

同調圧力に負けず完走した鹿児島市どんたく隊には、個人的にMVPをお贈りしたいほどです。来年こそはマスク圧・三密回避圧のないどんたくになることを、願わずにはいられません。

九電工のゆるキャラ・タスキ課長
▲九電工どんたく隊とタスキ課長

企業マスコットも続々やってきます。九電工からはタスキ課長の出番です。カメラを向けると手を振ってくれました。サービス精神の旺盛なマスコットです。

九電工のゆるキャラ・タスキ課長
▲九電工マスコット「タスキ課長」

海上自衛隊佐世保地方隊広報マスコット・とびうお、かのこゆり
▲海上自衛隊どんたく隊
佐世保地方隊から「とびうお」「かのこゆり」も参加


自衛隊勢もなかなかの兵ぞろいでした。佐世保地方隊から参加した「とびうお」と「かのこゆり」をみてビックリ!顔だけ仕様の着ぐるみでした。

ゆるキャラ®グランプリが過去帳入りした今となっては、もはや素肌見せもタブーではないのかもしれません。時代は変わる...めまぐるしく。


グランプリのエントリー要件が素肌NGだったそうだよ。


自衛隊福岡地本マスコットのピコット
▲自衛隊福岡地本のピコット

福岡地本からはピコットが来てくれました。なかなか基地イベントまで足が向かず、「本場」で見たことはありません。それだけに、どんたく参加は本当にありがたいというもんです。

嬉野メルヘン村支配人お気に入りのnimocaフェレット
▲西鉄どんたく隊に参加したnimocaフェレット
(地味にファンの多いマスコットだ)


西鉄どんたく隊からは、nimocaのフェレットが参加しました。某県のテーマパークで働く知人がお気に入りとのこと。もう10年近く会っていませんが、元気にしているかなと思いつつ、一枚収めました。


同じイタチ科同士、仲良くなりたいなぁ。


この後も冷泉公園を確認しましたが、マスコットの参加は確認できず。このまま大トリの粕屋町どんたく隊まで待つことを考えましたが、あまりの暑さに気がめいりました。これにて呉服町拠点から退散することに。

さすがに例年よりも参加マスコット数は少ないですが、それでも10体近いマスコットに出会いました。イベント復活の機運が高まれば、来年はさらに多く参加するでしょう。停滞した時代の終わりを感じつつ、どんたく1日目を見届けました。
(完)

撮影日:2022年5月3日

関連記事
ゆるキャラ博多どんたく港まつり

COMMENT