ブログヘッダー画像
(当ブログにはプロモーションが含まれています)

【博多祇園山笠2023】四番山笠「中洲流」飾り山

博多祇園山笠2023を彩る飾り山をめぐる企画。今回は中洲流の四番山笠をご紹介します。表標題は「長政関ヶ原之勇」、見送り標題は「桃太郎之誉」です。

博多祇園山笠2023中洲流飾り山
▲表標題「長政関ヶ原之勇」

長政関ヶ原之勇

関ヶ原の戦いの直前、東西の勢力図は混沌としており、諸大名も東軍(徳川家康軍)と西軍(石田三成軍)の何方に付くか、選択を間違えれば家が滅びることとなり、慎重になっていた。東軍・西軍共に「第三勢力」を自陣営に引き入れ、また寝返りを防ぐことが戦の勝利に直結すると認識していた。そこで長政は福島正則が石田三成を嫌っていることから東軍に迎えた。次に毛利軍は西軍でしたが毛利軍の小早川秀秋を懐柔した。この事が関ヶ原の東軍の有利になり、しかも黒田長政は戦場でも石田三成の軍師である島左近を討取るという活躍。このことが東軍の勝利を導きました。

(山小屋説明板より)


博多祇園山笠2023中洲流飾り山
▲見送り標題「桃太郎之誉」

博多祇園山笠2023中洲流飾り山
▲RKB協賛ということでマスコット「ももピッ!」姿も

撮影日:2023年7月13日
関連記事
博多祇園山笠