ブログヘッダー画像
(当ブログにはプロモーションが含まれています)

第56回遠賀・中間地区農業祭を見に行ったら心身疲弊した話

「骨折り損のくたびれ儲け」を地で行くような一日でした。

ボートレース芦屋にて、第56回遠賀・中間地区農業祭というイベントが催されると聞き、ポタリングついでに行ってきました。少し前にハードなロードワークを入れた関係で、足に疲労が残る中、それを押しての訪問です。

なぜ無理したかというと、遠賀郡のマスコット数体が参加すると聞いたからです。岡垣のびわりん&びわすけともかく、芦屋町のアッシー、遠賀町のおんがっぴーは未見ですから、何としても見ておきたいところ。午後のグリーティングに狙いを定め、11時ごろに家を出ました。

第56回遠賀・中間地区農業祭会場

13時ごろ、イベント会場のボートレース芦屋に到着しました。建物前に屋台やキッチンカーが揃い、家族連れを中心に来場者で賑わっています。

そんな中、数日前に見たばかりのマスコットを発見しました。「芦屋サワラン」です!

パトロンの名札が掲載された芦屋サワランの背中

建物から出てきたサワラン、これから屋外グリーティングでもするのでしょうか。たちまち子供たちが駆け寄り、サワランとスタッフ氏は期待に応えてやります。

背後に目をやると、大きめのマントを羽織っていることに気づきました。制作・活用に際してスポンサー・協賛企業になった団体・個人名が貼付けされています。その中にはもちろん、むなかたのテンちゃんもありました。左上にあるので、ぜひ探してみてください!

そこからが不運の連続でした。少し目を離したスキにサワランの姿はなく、動き回っていると、グリーティングを終える様子が見えました。なるほど、今ちょうど活動を終えようとしていたんだ...。

気を取り直して、ボートレース芦屋館内で休息しつつ、他のマスコットが来るのを1時間ほど待ちました。結局、14時を過ぎてもキャラ勢は現れず、とうとうブースの片づけが始まりました。こうなるのが分かっていたら、無理して垂見峠を越えるなんて無茶はせずに、赤間宿でテンちゃんに立ち会ったんだけどなぁ...。

意気消沈したまま、宗像への帰路につきます。今度は起伏の少ない、海沿いの鐘崎を経由しました。それでもアップダウンは多く、フラフラ状態で鐘崎漁港に到着。

傷心をいやしてもらおうと、織幡神社の猫をたずねると、顔も毛色もかわいい三毛猫がいました。か細い声でニャーというので来るのかと思いきや、さっと逃げて別の人に寄っていくじゃないですか。

もう踏んだり蹴ったり!!

身も心も疲弊したまま、家にたどり着いてそのままバタンキューです。たまにはあるんですよ、そんな日が。

別の考え方をすれば、こうとも言えるでしょう。今度の台湾旅行に向けて運気を使い切らないよう、「見えない何か」が荒療治を施した結果だ、と。でもね、せめてアッシー&おんがっぴーは見たかったぞ。

撮影日:2023年12月3日
関連記事
ゆるキャラポタリング