ブログヘッダー画像
(当ブログにはプロモーションが含まれています)

赤間宿まつり2024にむなかたのテンちゃん登場!

宗像市2月の恒例イベント「赤間宿まつり」が開催されました。

勝屋酒造の酒開きをメインに、屋台・キッチンカーも出店し、来場者でにぎわいました。なかでも好評なのが、勝屋酒造の酒粕をふんだんに使った酒饅頭です。芳醇な香りに魅了され、毎年買い求める人で行列ができます。

そんな中、宗像市のご当地キャラクター「むなかたのテンちゃん」が、街道の駅赤馬館にやってきました。イベントを盛り上げてくれるというので、さっそく見に行ってみることに。

赤間宿まつり2024会場全景
▲来場者でにぎわう赤間宿

13時をめどに会場入りすると、赤間宿全体が人でごった返しています。買ったばかりのお酒&おつまみで、さっそく酒盛りするおじさんたちを見ながら、赤馬館に向かいました。

勝屋酒造の酒まんじゅうを買い求める人の列
▲酒饅頭を買い求める人の列

赤馬館のすぐ目の前では、名物酒饅頭の販売がおこなわれています。あまりの人気ぶりに行列は絶えず、生地入りのせいろを持ったスタッフが、忙しなく往来していました。

赤間宿まつり2024に登場したむなかたのテンちゃん
▲むなかたのテンちゃん登場!


テンちゃんよっす♪♪


待つこと10分、テンちゃんが建物内から出てきました!
今回はイカをともなわない、単独グリーティングです。

赤間宿まつり2024に登場したむなかたのテンちゃん
▲みんなの期待に応えるテンスケ

2022年の本格始動後、みるみるうちに頭角を現してきた「テンスケ」。とうとう西鉄バスのラッピングにも採用され、福岡市エリアで走っているそうです。宗像市のシンボルキャラとして、ほぼ完全に認知されているといえます。

その証拠に、大人の方も声をかけてくれます。道の駅もテンちゃんを活用していますし、観光施設に行けば目に入りますもんね!

赤間宿まつり2024に登場したむなかたのテンちゃん
▲テンスケの横で変顔大会に興じるうらたつき

グリーティングから30分を過ぎたころ、テンちゃんは建物内に入りました。ちょうどキリがいいですし、そろそろ休憩かなと判断して会場を後にしたのですが...。

帰宅後、テンちゃん公式から「衝撃の事実」を明かされました。

あのとき建物に入ったのはどうも、僕を担当スタッフに引き合わせるためだったとか...。そうとはつゆ知らず、向こうには申し訳ないことをしてしまったなと思いました。

撮影日:2024年2月24日
関連記事
ゆるキャラ観光宗像市