ブログヘッダー画像
(当ブログにはプロモーションが含まれています)

建徳寺古墳公園の大滑り台(福岡県大任町)

福岡県大任町にある「巨大滑り台」はご存じですか?

山の上から一気に下る、スケールの大きな滑り台です。いったいどこまで巨大なのか、この目で確かめてみました。いざ大任町へ!



建徳寺古墳公園の巨大滑り台


巨大滑り台は町中心部に近い、建徳寺古墳公園の一角にあります。駐車場を出て公園内に目をやると、山肌に沿って伸びる滑り台が見えました。

建徳寺古墳公園の滑り台
▲巨大滑り台

たしかに、普通の滑り台に比べたらずっと長いですね。これならお子さんは喜ぶと思いますよ。普段よりも長い間、滑っていられるのですから。

建徳寺古墳公園の滑り台
▲山の上から滑るとなりゃスリルがあろうな

公園奥に向かって階段を上がると、右手に滑り台の入口があります。高さがあるだけに、背の低い子なら間違いなくスリリングが味わえるでしょう。高所恐怖症の子はやめたほうがいいかも...。

建徳寺古墳公園の自販機
▲しじみの大ちゃん自販機

建徳寺古墳公園
▲建徳寺古墳公園の溜池

階段を上り詰めた先には、溜池と小さな古墳があります。現在は円墳(建徳寺2号墳)のみ保存されていますが、かつては隣に方墳(建徳寺1号墳)もあったそうです。

石室見学スペースがある建徳寺2号墳


ついでに古墳を見ていきましょう!

建徳寺古墳群2号墳
▲健徳寺2号墳は小さな円墳だが埋葬施設が保存されている

2号墳には発掘調査後、保存処理が施されました。横穴式石室を上から見られるよう、石室上部にガラス屋根が設けられ、見学できるようになっています。

建徳寺古墳群2号墳の展示区画
▲学習スペースになった健徳寺2号墳埋葬施設

石室見学スペースは常時公開されているわけではありません。公開日以外は施錠されています。柵越しでも見られないわけではないですが、ほとんど石室の様子は分からないと思います。気になる人は、ぜひ公開日に行ってみましょう!

総括


ここまで、建徳寺古墳公園の巨大滑り台と2号墳を見てきました。

公園の斜面に沿って、長い滑り台が敷設されています。通常の滑り台に比べたら、おそらく10倍以上はある長さです。滑り口が地面から高いので、お子さんが怪我しないよう、しっかり見守ってあげてください。

建徳寺2号墳は田川盆地を見下ろす丘陵上に建造された円墳です。すぐ横には方墳(1号墳)もありましたが、現存しません。2号墳には保存処理が施され、横穴式石室を見学できるスペースが整備されました。普段は施錠されていますが、特定日に見学することができます。

撮影日:2024年2月18日
関連記事