田久瓜ヶ坂遺跡1号墳(宗像市・前方後円墳)

今回は宗像市桜美台にある「田久瓜ヶ坂遺跡1号墳」についてお届けします。

宗像地方 - 現在の宗像市と福津市 - は福岡県内でも古代の遺跡が数多くある地域の一つで、古墳鍵穴もたくさん発掘されています。しかし福岡・北九州都市圏のベッドタウンとして開発が進むに伴い、それらは次々と重機に潰されていきました。

現在でも宗像地方において保存されている古墳は数多くありますが、詳しく紹介されている例はそう多くはありません。そこで当ブログでは宗像市内の古墳を中心に、日本各地の古墳の現状も紹介できればと思っています。

$博多っ子 旅に出る
古墳は住宅地から少し降りた場所にあるので、住宅地から全体を見下ろすことができます。

$博多っ子 旅に出る
綺麗な前方後円墳です。右下に写っている影は筆者。

この古墳(以下1号墳)は4世紀後半に築造されたものであり、4つの埋葬施設が造られました。そのうち第3主体部からは、円筒棺が発掘されました。この円筒棺、近畿地方ではよく見られるそうですが、九州ではここで初めて完全なものが発掘されたんだとか・・・

$博多っ子 旅に出る
1号墳に近づいてみましょう。小さな公園として整備されていますが、遊具がないからかひっそりとしています・・・

$博多っ子 旅に出る
▲前方部から後円部を見て
墳丘上部が平らにされています。

$博多っ子 旅に出る
▲後円部から前方部を見て
撮影当日は春日和の天気で、青空と日差しが心地よかったです。墳丘ではクローバーなど、春の草花が咲いていました。

$博多っ子 旅に出る
▲古墳公園ではおなじみの説明板

$博多っ子 旅に出る
1号墳発掘当時の写真もあります。

$博多っ子 旅に出る
▲墳丘上から前方部を眺めて
先ほど紹介した説明板が奥にあります。



・・・という感じで、宗像市内を中心に古墳を順次紹介していく予定です。
関連記事

Comment