ブログヘッダー画像
(当ブログにはプロモーションが含まれています)

東郷駅の保線車両(レール削正車)がアイドリング中!エンジン音は結構デカイ

バイト先への道中、東郷駅で珍しい光景に出会いました。ホームで列車を待っていると、いつもと様子が違って見えるのです。そう、何かが違うのです。

片隅からエンジン音が聞こえました。路線バスはどこにも止まっていません。それに、この音はバスのエンジン音じゃない。

音の主はどうやら駅構内にいるようです。周囲を見渡すと、ほどなくして音の主が分かりました。保線車両(レール削正車)です。

東郷駅に留置中のJR九州レール削正車

側線で眠っているレール削正車が、エンジンをガラガラと鳴らしていたのでした。

これまで動く姿はおろか、アイドリングさせる姿すら、殆ど見たことはありません。それだけに、珍しい光景を目にできたと思っています。まあ、保線作業は夜が多いですからねぇ。

列車が来るまでしばらく観察していると、構内外からトラックが2台やってきました。どうやら何らかの作業をする模様。

おまけ:東郷駅を通過するEF81-402牽引貨物

最後にEF81-402牽引の貨物が通過したので、さっと一枚写真に撮りました。

東郷駅を通過するEF81-402号機牽引の貨物列車

EH500が増殖しつつある九州北部の貨物列車。EF81やED76も見る機会が減少する中、少しでも多く記録に残したいものです。

撮影日:2012年8月31日
関連記事
鉄道宗像市

COMMENT

TMO幸手(なが)

1. EH500

 九州もEH500なんですかー。
 これはED76見たら撮影しないと…。

PS うちの隣は宇都宮線で、66、65や64-1000がまだ元気に活躍していますね。

2012年09月01日(土)10:22

TSURAYUKI

2. TMO幸手(なが)さん

あっという間に国鉄型電機が数を減らし、かなり焦っているこの頃です(^-^;;)
普段から記録に残していくことって大切なんですね・・・

2012年09月01日(土)12:25

おこしやすぅぅ

3. おじゃま致します!

はじめまして!ブログ読みました。また来ますね!

2012年09月21日(金)13:09