「江戸時代の幻」 唐津街道畦町宿(福津市畦町)

今日は福津市にある、唐津街道の畦町宿へと向かいました。
赤間宿に比べると古い建物は少ないですが、当時の面影を残す史跡が至る所に残されています。

西郷川を渡った直後に東構え口があったといわれています。

blog_import_532bd50390b9c.jpg
▲東構え口があった場所

blog_import_532bd505d9365.jpg
街道に入って目に見えるのは、八幡宮の大ソテツです。大きいので、木で支えられています。

blog_import_532bd507cd1aa.jpg
▲大蘇鉄と夕暮れ

blog_import_532bd509ae7a4.jpg
▲街道町の現在
この町は、赤間宿(宗像市)~青柳宿(古賀市)の間があまりにも長かったことから、周辺の村の住民を移住させ造られました。

blog_import_532bd50bce878.jpg
▲折り畳み式の縁台、番子(ばんこ)
かつての旅人もここに腰をおろしたのでしょう。

blog_import_532bd50e2195b.jpg
▲町の西側にある、畦町宿の説明書き
ウサギのイラストがあります。
関連記事

Comment