新神社(滋賀県彦根市岡町)

滋賀県彦根市を訪問した際、同市岡町にある「新神社」に立ち寄りました。
すぐ近くには、パナソニックの工場や近江鉄道の彦根口駅があります。



大きな地図で見る


今回は少し急ぎながらの移動となったので、鳥居の刻銘は記録していないうえ、境内の写真は用意していません。予めご了承ください。


$博多っ子 旅に出る

▲新神社入口(一の鳥居)


$博多っ子 旅に出る

▲二の鳥居と狛犬


$博多っ子 旅に出る

▲石灯篭


$博多っ子 旅に出る

▲位置の鳥居を裏側から


$博多っ子 旅に出る

▲手水舎


$博多っ子 旅に出る

 (由緒略歴)

神社名 新神社

御祭神 大物主大神

例祭日 五月五日(古例四月申日)

 (由緒)


 当社は永享十二年(西暦一四四一年)四月、日吉山王大権現より大神の御分霊を遷し、新宮大権現と敬称され近郷より崇敬を受け明治元年 新 神社 と改称し現在に至る。
 背後の山頂を雨壺山と称し、旱魃時降雨祈願に御神徳があり、又士民緑福祈願成就する慣しを伝える。
 氏子区域は各町にわたる。

 河原一丁目・芹・芹川(北・南・大仏・布浦)新・芹中・大橋
 元岡・沼波・岡・山の脇・東沼波・西沼波・小泉・戸賀
 平田・各町

 現本殿は寛政年間の創建である。
関連記事

Comment