お知らせ

1月1日:新年あけましておめでとうございます。
 

今回は福島県浜通りにある、JRいわき駅をめぐっていきます。所属路線は常磐線・磐越東線。同駅は1994年まで平駅と呼ばれていたことから、今でもその名で呼ばれることがあります。

DSCN1030.jpg
▲いわき駅前(南口)
南側は市街地に面しています。駅舎自体は橋上式になっており、駅ビルに接続しているのが特徴です。駅ビルには土産物店や飲食店が多数入っていました。
DSCN1048.jpg
山側に面した北口は、磐城平城への入口ということもあり、和をイメージした造りになっています。自由通路と同じ高さになっているため、ロータリーと自由通路に段差がなくバリアフリーになっていました。

DSCN1049_2020011200245856f.jpg
歩道と駐輪場の仕切りもまた、お城の土壁のようなデザインになっていました。

DSCN1032_2020011200251621e.jpg
ここからは自由通路に戻り、駅構内を見ていきましょう。改札口の横にはいわき市総合観光案内所があります。そういえば、この町はフラダンスを町おこしに使っているんでしたね。

DSCN1033_20200112002518fbc.jpg
自由通路からはホームや留置線を一望することができます。

DSCN1031_202001120025185be.jpg
それでは改札を抜けてホームに向かいましょう。駅舎内には窓がいくつもあり、太陽の光が入りやすいようになっています。全体的に明るいですね。

DSCN1023.jpg
ここでチョットだけマスコット観察といきましょうか。まずは福島県金融機関防犯対策協議会のマスコット「カクニンジャー福くん」の看板を発見しました。福島県の鳥「キビタキ」と同じ、警戒・予防色を身にまとった忍者なんだそうで。

DSCN1016_20200112002519866.jpg
続いてご紹介するのは「ムコナくん」。JR水戸支社のマスコットキャラクターです。見た目の通り猫キャラですが、所々にE657系の要素が入っています。JR東日本は支社ごとにマスコットを用意しているところが、マスコット好きには面白いんですよね。

DSCN1050.jpg
再び駅舎からホームを見下ろすと、留置線にE501系の姿が見えました。

DSCN1014_202001120025193fd.jpg
それでは最後に、ホームの様子を見て終わりたいと思います。磐越東線乗り場に向かうと、ちょうど小川郷行きが停車していました。一駅だけの短距離列車です。

DSCN1015.jpg
小川郷行きの車両はキハ111・112形による2両編成でした。

DSCN1017.jpg
続いては常磐線乗り場に向かいましょう。

DSCN1013_202001120025194c1.jpg
おりしもE501系の回送列車が停車していました。水戸方面から長い旅を終えて、これから留置線に入るのでしょうか。

このE501系は常磐快速線の主力として、ながらくドレミファ音を鳴らしながら走ってきましたが、今ではいわき口に追いやられ、インバータ機器もIGBT化されています。地味な存在になりましたが、平成の常磐線を語る上では欠かせない存在です。

DSCN1020.jpg
やがて、651系の普通列車が富岡から到着しました。かつては「スーパーひたち」として、上野~仙台間を駆け回った存在ですが、今では見る影もありません。

DSCN1055_2020011200251902a.jpg
電車・気動車だけでなく、ときおり電気機関車が通ることもあります。EH500-16号機が後ろに貨物を従えることなく、単機で滑り込んできました。

以上、JRいわき駅の様子を一通り見てきました。2020年1月現在、東日本大震災の影響で一部区間の不通が続いているものの、まもなく全線での運転再開が予定されています。そうなれば、いわき駅周辺の人の流れは、また違ったものになってくるでしょう。

近いうちにまた来ることを誓い、年末のいわき駅を後にしました。

撮影日:2019年12月




にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ

「ご当地」の魅力をより多くの方にお伝えするため、ブログランキングに参加中です。

バナークリックの方もよろしくお願いいたします。



上のリンクからチャンネル登録できます。台湾旅行に興味のある方、レイルファン・ご当地キャラファンの方、どうぞ気軽にお立ち寄りください。

このカテゴリーに該当する記事はありません。