お知らせ

4月11日:何度もテンプレートを変えてスイマセン・・・。野球がない腹いせに、南海ホークスをイメージしたレイアウトにしてみました。しばらくこれでやるつもり。
3月17日:ヘッダー画像を超絶シンプルにしてみました。
3月3日:ヘッダー画像を更新しました。~台湾新幹線の3並び~
1月1日:新年あけましておめでとうございます。
 

目次


格安ネットきっぷで九州新幹線に乗ってみた 福岡⇔熊本(1)

格安ネットきっぷで九州新幹線に乗ってみた 福岡⇔熊本(2)

格安切符を使い、九州新幹線で熊本に入った僕は、宇城市小川町に立ち寄りました。八代の手前にある小さな町です。ここのイオンモールに野暮用がありました。


▲今回の宇城市内散策経路図

正午までに用を済ませ、無料シャトルバスで小川駅に戻ることにしました。時間は12時10分。ちょうど良い時間にバスがあれば良いのですが・・・なんと、次のバスは12時50分!

困りました。もう昔ほど歩いて回る体力はないので、このままバスと電車で帰るつもりでした。何もしないでいる時間がもったいない!もうこうなったら、歩きで旧小川町の中心部に行ってみようと思います。

IMG_0279.jpg
イオンモールから旧小川町の中心部まで、およそ1キロ離れていました。国道3号線を進むと、やがて中心部への入口が見えてきます。小川駅からだいぶ離れた場所まで来ました。

ここで3号線を離れ、県道32号線(小川嘉島線)に入ります。薩摩街道の宿場町として栄えたらしく、古めかしい商家が軒を連ねていました。やがて祠が見えてきたので、近づくと弁財天でした(写真上)。

IMG_0282.jpg
小川宿をさらに進むと、突き当りにお寺の山門がありました。正善寺です(写真上)。ここで32号線はクランク状に曲がり、小川阿蘇神社の方へと続いています。

IMG_0283.jpg
寺町交差点で左折して寺町通りに入ると、すぐ右手に小川阿蘇神社が見えてきます。この辺りにも古い商家が多数残されていました。

IMG_0295.jpg
街中の理髪店だって、こんなに古い建物を使い続けています。小さい町ながら、こんなに魅力的な街並みが残っているとは知りませんでした。小川を見くびっていました。

小川阿蘇神社で引き返し、30分かけてJR小川駅に到着。電車で熊本駅に戻ります。

また調子に乗って歩きすぎたせいか、腰が痛い・・・。

IMG_0300.jpg
なんでも、熊本城の近くに温泉があるそうで。こんなこともあろうかと、タオルを持ち歩いています。路面電車を乗り継いで行ってみました。

ところが、思った以上に時間がかかるうえ、辛島町での接続時間が長すぎる!最寄りの杉塘電停が見えた頃には、帰りの新幹線の時間まで1時間を切ろうとしていました。ゆっくり湯につかる暇もありません。

IMG_0301.jpg
結局温泉はあきらめ、歩いて上熊本駅を目指します。ここでJRに乗り換え、熊本駅に戻るつもりです。どうせ路面電車で折り返しても、時間がかかりすぎてバタバタするのは目に見えています。

IMG_0302.jpg
上熊本電停の手前には、路面電車の車両基地が広がっています。かなり古い電車も多数留置されていました。

留置線の片隅に目をやると、9700形が2編成、密着するように置かれていました。側面窓がいくつか目張りされていましたが、どういった経緯でそうなったのでしょうか。

IMG_0303.jpg
上熊本電停には9700形のラッピング車が停車中。じつは辛島町から杉塘まで、この編成に乗って移動しました。走行音を録るも、バスより遅いノロノロ運転のため、終始非同期音だけという地味な仕上がりになりました。

IMG_0305.jpg
上熊本駅でJRに乗り換え、新幹線が待つ熊本駅に向かいます。

熊本地区を長距離移動するなら、クロスシートの817系に乗りたいところ。しかし現実は思うようにいかず、長距離移動に限ってロングシートの815系にあたり、そうでないときは817系にあたりがちです。マーフィーの法則とでも言うべきでしょうか。

IMG_0307.jpg
最後に熊本駅前で路面電車を撮り、これにて熊本滞在は終了。発券機で帰りの切符を手に入れてから、エキナカの喫茶店に籠り、コーヒーをすすって時間を潰します。

これが二十歳頃だったら、ギリギリまで路面電車を撮るかもしれませんが、もう無理!年なんか取りたくないもんです。でもせめて、体裁だけは若々しくさせてください。ブロガー業界は今や、オジサンオバサンばかりですから・・・。

ツイッターやYouTubeに行ってしまった若いブロガーさん、また戻ってきて・・・一緒にブログ書こうよ。ブログを老人ホームにしないでおくれよ・・・。

IMG_0309.jpg
休んだおかげか、また元気を取り戻しました。

二十代パワー全開!!
まだまだオッサンとは言わせんばーい!!


ということで、最後は「さくら698号」で博多に向かいます。編成は行きと同じ、JR西日本持ちの編成でした。車内チャイムが妙に湿っぽいのは置いといて、指定席の快適さは相変わらず素晴らしいものです。

IMG_0310.jpg
途中、久留米・新鳥栖に停車して、ものの4~50分で博多に到着しました。

帰りの車内もガランドウとして、もの悲しさが漂う状況でした。いつまでこの状況が続くのでしょうか。経済活動の停滞が続くことで、結果だれが得するのでしょうか?考え直さねばならない時期に来ていると思います。

様々な思いを抱きながら、新幹線ホームに降り立ちました。

総括

今回、6月を前に新幹線で熊本入りしました。日帰りながら、久々の長旅ということで息抜きになりましたし、さらに遠くへと駆け出したくなりました。「やっぱり旅はいいな」というのが率直な感想です。

社会的情勢や世間の風潮から、旅行・観光業界は苦しい戦いを強いられています。これからの時期、旅人が増えるか否かで、業界の運命は変わってくるに違いありません。

そういう僕も4月中旬まで、自粛推進の風潮に流されかけていました。同じニュースばかり流すマスコミに刷り込まれかけていました。疫病だから旅行できないのは仕方ない、家にこもるのは仕方ない、根絶されるまで行動が制限されるのは仕方ない、と。

しかし、クロスバイクを走らせたのがきっかけとなり、目が覚めました。自分の中で封印していた思いが、みるみるうちに湧き上がってきたのです。この思いは延々と封印すべきではありません。長期にわたる「おうち時間」は、人の精神衛生に大きく影を落とします。

世界中が鎖国状態にある今、もはやインバウンドには期待できません。これまでの考え方を改め、そして様々な場所に行き、観光地や旅行業界に活力を与えましょうよ。

撮影日:2020年5月




にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ

「ご当地」の魅力をより多くの方にお伝えするため、ブログランキングに参加中です。

バナークリックの方もよろしくお願いいたします。



上のリンクからYouTubeチャンネル登録できます。老舗チャンネルとしての誇りを胸に、背水の陣でYouTube続行中。どうか応援の方よろしくお願いいたします。
どんなに冷遇されても負けんばーい!

このカテゴリーに該当する記事はありません。